なぜロレックスは中国人に好かれるのか?

その質問にかろうじて答えている2つのログで、個人が所有しているロレックスはそれほど多くはありません。

まず、中国人がロレックスを好むという点では外国人と何ら変わらないと思います。 それどころか、中国人が自給自足の問題を解決しようとしている間に、日本人はロレックスをクビにしてしまったのです。 ロレックスがスイスの時計利益ランキングのトップに躍り出たのは1960年代末からで、現在のような圧倒的な時計メーカーになるまでには、1970年代から1980年代にかけてのほぼ全期間を要した。 質問者:前世紀のロレックスの台頭に中国の消費者がどれだけ貢献したと思いますか? ロレックスを愛するという点では、中国人には何も特別なことはありません。

次に、ロレックスがなぜそんなに求められているのかについて一言。 多くの人が車のブランドをスイスの時計ブランドに例えています。 その考え方は良いのですが、実際にはロレックスに匹敵する資格のある自動車ブランドはありません。 なぜなら、ロレックスの信頼性はレクサスのようなものであり、ブランド認知度はメルセデスのようなものであり、業界の利益はトヨタのようなものだからです。 そして、この3つは全て比較するとロレックスへの手数料です。 もし自動車業界で、レクサスよりも信頼性が高く、メルセデス・ベンツよりも音が大きく、業界でも文句のつけようがないブランドがあるとしたら、消費者はそれを好むと思いますか?

最後に私の二枚爪日記で。 爪は仕事をするときと、接待でドリルが必要なときに着用しています。

コメントを残す