人生初のロレックス」の着用感は?

動画を見せてみましょう。

————————————————-

以下が本来の答えです。

16年のクリスマスに帰国した際、ドバイ空港のロレックスカウンターでウォーターゴーストを試してみました。 店員がテーブルの一部を塞いでいたのかもしれない。 グレーのヨットは存在しなかった。

偶然の出会い。 グレーボートのお宝時計を発見。

というわけで、これからの3年間

モロッコ、スペイン、フランス、ノルウェー、ハンガリー、ポーランド、アイスランド、韓国、タイなどを訪問。 すべての地元のロレックスショップは、再び尋ねます(まだほとんどぶらぶらしています)。

その度に残念な気持ちで帰ってくる。

今年の夏までは。

このままでは卒業してしまうと悟った。 時計を取りに店に行く過程を楽しむことができなくなりました。 店員さんが時計を取り出してくれた瞬間の喜びを見ることもできなくなる。

突然、私はロンドンが私が探していなかった最後の都市であることを発見しました。

あわててグーグルマップを拾う。 イングランドの海岸線沿い。 ロンドンのリングロード。 次から次へと家族から電話がかかってきた。

無力な返信はすべて同じです:待って、予約を取ることはできませんが、6月までは可能ではない、あなたに伝えるために利用可能なものを確認していません。

私は希望の光を翳した。 一つ一つ電話番号を残す。

ようやく4月10日になった。

ロンドンの小さなロレックス専売店から メールを送ってくれました。 届きました。 (ここでちょっとした豆知識ですが、彼らは6日に私に連絡してきました。 37nmに到着したことを伝えるのに時間がかかりませんでした。 ホワイトハピネス)

その衝動を抑えろ

水曜日の午後にロンドンのために殺せ

一挙に

3年間の捜索。
ついに幕が下りました。

時計は幽霊ほど熱くないけどね。 でも、代用品を探しに行かないと固執しています。

人生初の時計。 儀式的な意味合いがあるのでしょう。 必ずロレックスで直接手に取ること。 自分が一番最初に身につけなければならない。

なんて気持ちになります。

毎回、何かが決まるたびに 軽薄な気持ちになる時が来ます。

一文が頭の中をフラッシュします。

ロレックスを持っている人は 地道に頑張ってください。

と、自分の中に沈んでいく。

ちょっととんがった言い方に聞こえるかもしれませんが。

でも、それが与えてくれた直感的な感覚は、本当に力を与えてくれました。

うっかり時計を見落とさずに友達を作りに行く。

誰かの視線がこっちに行くのを感じるのは当たり前だろう。

何でもないふりをして。

嬉しさのあまり心が爆発するハハハハハハハハハハ

————————————————-

写真の新しい波。

コメントを残す