オメガとロレックスのブランドの距離は?

個人的にはオメガよりもロレックスの方が少し良いと思います。

つ:ブランドの知名度、機械性能、耐久性からするとロレックスの方が上。 それぞれの見た目は千差万別です。 同じグレードでもオメガよりもロレックスの方が若干高いです。

二:長文になる必要はありません、間違いなくロレックスの時計のトップ10の一つ、三大自社製ムーブメント工場の一つ、最も価値のあるブランドの一つです。

三つ目。 最近は偽物が多いので、ロレックスを持っている人は本物だとは思わないと思います。 オメガバーバタフライコンステレーションシリーズはどれもいいですね。 合わせやすい時計だと思います。

ロレックスの時計は大人っぽくなりますよ、うちの父はロレックスをつけています、金ピカ、ドM、性格にもよりますが。 若者はオメガの方がいい、機械式時計はハンサムで高級感がある。

新キャリバー8500は、同軸脱進機を搭載した自動巻きムーブメントを搭載し、安定して長持ちする精密なタイミングを実現しています。 カードレスヒゲゼンマイテンプ、デュアルローラー、両方向自動巻き、巻き上げ時間を短縮。 ブリッジと振り子には、アラビア・コート・ド・ジュネーブ装飾が施されています。 パワーリザーブは60時間まで。 理論的にはかなり良いムーブメントですが、発売時期がまだ短く、信頼性は実証されていません。 ロレックスは変わったブランドで、何十年も使用されているキャリバー3135で、クリートとの擦れなどのマイナーな問題がありましたが、信頼性や耐久性は語りつくせません。 ロレックスは俗に言うところの「硬派」です。 個人的には、何と言っても永遠の「ロレックス」をお勧めします。

六番目:ロレックスはオメガよりも優れている、上記の二つの時計は同じクラスではないので比較できない、オメガの時計はシニアホワイトカラーの人が身に着けるのに適している、ロレックスはエントリーレベルの高級品で、ビジネスマンが身に着けるのに適している。

七つ目。 ロレックスとオメガはどちらも世界の時計であり、どちらも非常に優れています。 しかし、比較してみるともちろんロレックスが一番です。 ロレックスは2万元の低価格で10万元の高価格、オメガは1万元の低価格で5万元の高価格という一流の時計です。 もちろん、2万元以上のロレックスと5万元以上のオメガを比較しても、同じではありません。

VIII. ロレックス:安定した品質、保守的なスタイル、長年変わらない。 比較的専門的で普段使いの時計ブランド。 一級品、永久。 相対的にオメガが弱い。 他社に吸収合併され、現在は様々なデザインを目指しています。 個人的には、今の彼のロゴは丸みを帯びすぎていて好きではない。 数万円という価格で、デザインは高級感があり、装飾のスタイルもしっかりしていて上品です。 でも、必ずしも極東アジアンスタイルではない。 ラオはまさにその逆で、冷静に位置づけられていて、金儲けをしないで終わりというプロ意識がある。 現在のニューモデルの中には、ちょっとエアリーな電撃的な感じのものもあります。

コメントを残す