カシオの時計は何か悪さをしたのか?

カシオの最大の “問題点 “は、安すぎて、機能的にも耐久性にも問題があることです。

しかし、Taにも法外に高価なモデルがあるように、カシオを単純な「バリュー・フォー・マネー」で括るのは難しいでしょう。

そして、この「オーバー」は、多くの場合、非常に多くを超えています。

そして、このように、当然、人を怒らせてしまうことが多いのです。

友人Aさんは、結婚式の時計としてロンジンのマスタークラフトマンを新調して大満足しており、その結果、あなたのカシオネプチューンを見てしまいました。

3,000以上のスタート価格で、電波計や防水、光の運動エネルギーなど、見た目も機能も充実していますが、その中でも「ロンジンの名工」と言われているのが、「カシオ ネプチューン」です。 ロンジンユーザーは満足していない。

同僚のBさんが手に入れた新作オメガコンステレーションは、リーダーの納品を手伝う気になれずに宝の持ち腐れになっていたところ、Bさんにプレゼントされました。 Gショックを被っているのを見ても全く心配なし……だから引っ掻く。

そして、昇格・昇給のチャンスが近づいてきました。

新品のロレックスブラックウォーターは4万以上の年式で、一期一会のステージのように感じますが、限定Gショックが地獄のように点滅していますね。

いわゆる「顔」と「保存率」のために黒水の妖怪を選ぶことのセンスのなさを痛感しています。

これがカシオの時計の魅力であり “悪 “であり、常に比較的安価な価格で比較的高い生活態度とセンスを見せ、驚くほど一貫した空気を持って身に着けさせている。

理由は実際には非常にシンプルで、カシオは本当に強いです。

年間で最も裕福な男の通年の選択。

400ドルは、すべての機会を運ぶのに十分です。

または古典的な小さな正方形の形状、300ドル以上のための耐水性と防塵性と耐衝撃性、ダイビングクラス200メートル。

予算プラス太陽充電に少し、波のペア、10年以上の基本的にゼロメンテナンス。

またはカレンダーと平日の機能を持つツールの固体リスト。

そして、普段着に最適な19年8月新発売の「ファームハウスオーク」。

過酷な環境をナビゲートするために

MODでもリミテッドでも何でもいい、勝てたら負け。
ハイエンドにはハイエンドがある。

プロ意識を持ち、豊かなストーリーを持つこと。

最終的にはこうなる。

吹き飛ばされない方法を知らない伝説のブランド、カシオです。

参考文献を拡張しました。

コメントを残す