ゲーム内のNPCをリスペクトするのは「バカ」なのか?

バターと遊んだ そう、ただのバターだと思っていた。 若気の至りで無知を指摘する。

物語の本筋は、男が女の子を連れて資材を集めに行き、ミッションラインを越えて、それに沿ってポチッとしていく話。

本当に普通のバターだと思っていた。 ミッションが進められないことに気づくまでは、インターネットのBaidu Raiders、このゲームがコンテンツの話をしていることをようやく理解するだけだった。

文脈は、近い将来にあります。 彗星が地球を攻撃し、地球上のすべての生命を破壊しようとしていたことを感知し、地球は、その軌道からそれを偏向させるために核爆弾で彗星を爆撃することを期待して宇宙艦隊を送り、二度と地球にヒットしませんでした。

主人公の男女は、高校時代に恋に落ちた地球上の平凡な恋人同士。 甘い時間を過ごしたヒロインは大学を卒業し、コズミックフリートに入隊する。 その作戦の中で、ヒロインは任務に抜擢される。

長い航海の間、艦隊のメンバーに食料を提供するために植物が植えられていた。 しかし、強烈な宇宙線にさらされた後、植物は突然変異を起こして野生的に成長し、艦隊の軍艦に損害を与えてしまった。 さらに悪いことに、植物から発散された毒性の強い胞子が艦隊メンバーを皆殺しにしてしまったのです。 このままでは艦隊の任務は完了せず、惑星は破壊されてしまう。

胞子に殺される前に、ヒロインは男性主人公に手紙を送り、DAPを使ってテレポート(コピー)しながら、自分も同時にDAPを使ってテレポートして、やり残した仕事を手伝ってほしいと頼みます。

男性主人公はテレポートのたびにミッションをクリアし、DAPを使って次の場所に移動します。

最後に男性主人公のDAPが宇宙船に到着し、核ランチャーのスイッチを入れ、ミッションを完了させ、Over…。

一方、私が演じた男性は、女性の死後、地上でDAPを作成し、女性を連れて、その年の記憶と女性の記憶を探していました。 主人公はDAPのテレポート能力を利用して、最終的にはヒロインのDAPを連れてヒロインが死んだ船に戻る。

船のドアは閉まっており、アクセスするにはパスワードが必要です。 男は女のDAPを振り返ってから、精神的に文字列を打ち込んだ。 いつもいっしょだね(Forever together.

やがて、男性リードは女性リードの全記憶を探す。 しかし、彼らの宇宙船は酸素が不足しており、地球に戻って2人をサポートするのに十分ではありませんでした。

ゲームには、男性リードを行かせるか、女性リードのクローンを行かせるか、一緒に行くかの3つの解像度があります。

私は一緒に行くことを選んだ

なぜなら、その言葉の羅列から。 主人公二人はお互いのクローンと一緒に死んでいくだけですが。

でも、この恋の結末は最高です。

このゲームのせいで涙が出た。 、

ついにゲーム名が発表されました。

“被害妄想性人格障害