ロレックスのコレクションはいくつありますか?

ロレックスは時計界の中でも非常にユニークな時計ブランドで、話題は尽きることがありませんが、このブランドがどれだけの時計コレクションを持っているか知っていますか? 今日はそれを見ていきましょう。 実はロレックスの時計には2種類あります。 オイスターコンスタントとデザイン、オイスターコンスタントは多くの時計コレクションに細分化することができます。

1926年に世界初の防水時計「オイスター」が誕生しました 現在のオイスターコンスタントは、ロレックスのエントリーモデルであり、最もベーシックなオイスターの腕時計であり、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴です。

1945年に世界初のカレンダー機能を搭載した自動巻き時計「ジャーナル」が誕生しました。 日誌はいつの時代もロレックスの定番時計として、味わう価値があります。

世界初のフルデイとデイト表示を搭載した腕時計。

1956年に誕生した「ミルガウス」シリーズは、最大1000ガウスの保護性能を持つロレックスのプロ仕様の耐磁時計です。 緑色のガラスは秒針の形状から「グリーンガラス」とも呼ばれ、時計ファンの間では「電光石火」とも呼ばれています。

初代エクスプローラーロレックスは、アウトドアアドベンチャーのために特別に作られた時計で、1956年に初代エクスプローラーが誕生し、1971年に2代目が登場しました。 探検家のための非常に耐久性と実用性に優れた時計です。

ダイバーダイバーは、水のおばけでお馴染みの方も多いのではないでしょうか? サブマリーナは、1953年にロレックスが発表したモデルです。 現在、サブマリーナーの全シリーズにセラミックリングが搭載されていますが、その中でもグリーンウォーターゴーストは特に熱く、なかなか手に入らないと言われています!

初代グリニッジが誕生したのは1955年、パンナムがロレックスに「2か所で同時に時間を教えてくれる時計を開発したい」と打診したことがきっかけでした。 セラミックリングを採用した2代目グリニッジの腕時計も熱いですね。

ロレックスの旗艦で唯一のクロノグラフである「コスミック・ダイアトニック」は1963年に誕生しました。 現在、このクロノグラフは非常に人気が高く、ロレックス全体の中では間違いなく一番欲しいモデルと言えるでしょう。

シーエンボイ ロレックスの超プロフェッショナルグレードのダイバーズウォッチは、非常に高い防水性を持っています。 1967年に誕生したモデルですが、当初から610mの防水性能を持ち、現在では3900mで独占販売されています! それに比べると、サブマリーナはどちらかというとファッション性が高いような気がします。

2012年に誕生したロレックスの現行モデルをさらに洗練させた「スカイドウェラー」は、十数件の特許を取得し、年間カレンダー装置や第二時間帯の時刻表示機能を搭載しています。

ヨットロレックスのモデルは、ロレックスの全コレクションの中でも最も認知度の高いモデルの一つです。

ロレックスは1992年に女性用腕時計のライン「パールレディ」を発表しましたが、そのほとんどが貴金属で作られ、宝石がセッティングされた女性用腕時計のコレクションとして、非常に美しい価格で提供されているように感じます。

エアベンダー2016 ロレックスから、アイコニックなツートンカラーのロゴデザインと3.6.9の大きなアラビア数字のアワーマーカーが特徴的な、ロレックスのエントリーモデルの中でも最も競争力のある「エアベンダー」の新作腕時計が登場しました。

セリーニはカキコのような見た目をしていないだけに、「ロレックスらしくない時計」として知られています。

コメントを残す