ロレックスアイスランディトナーの腕時計の評価は?

ディトナの歴史は感動的なものがあり、特にアイスブルーのディトナはディトナシリーズの中でも特に注目されています。 貴重なプラチナを使用したディットーナコレクション50周年を記念したロレックスの限定モデルですが、もう一つの目玉は、ロレックス初のクロノグラフムーブメントを搭載したディットーナというギミックです。

2015年に発売された「アイスランディ」は、文字盤が水色であることから通称「アイスランディ」と呼ばれています。 この時計は限定生産とは言われていませんが、少量生産のため、常にプレミアム価格で販売されており、プレミアム価格でもお金では買えないレインボーディーと同様に、購入することが難しい時計となっています。

まずは公式サイトから簡単に紹介していきましょう。

プラチナでは、2013年に誕生したコスモグラフ ディットーナは、誕生から50年を経て、スポーツクロノグラフの重要な位置を占めるまでに進化を続けています。 プロフェッショナルコレクション初のプラチナオイスターモデルで、アイスブルーの文字盤に、ロレックスのプラチナウォッチならではの文字盤カラーである、究極のレアメタルであるプラチナを採用しています。 この時計に搭載されているセラクロムベゼルは、ロレックス独自の技術革新の賜物であり、無骨さと精緻さを兼ね備えています。

まずはこの時計のデータを見てみましょう:直径:40mm 文字盤素材:無水晶素材:サファイアクリスタルストラップ素材。 プラチナ950バックルタイプ:フォールディングバックルバック透明度:防水底。 100

文字盤:文字通りアイスブルー、その愛称の理由は、多くの仕事である2年の期間にわたって行われたと言われています。 もう一つは、針について言う必要があります、12時位置の長針は秒針ではなく、それはクロノグラフ針です。 改めて文字盤上の文字の意味を見てみましょう。”文字盤の12時位置には、ロレックスの象徴的な王冠のロゴと、”ROLEX”、”Oyster”、”Perpetual”、”SuperlatlativeChronometerOfficiallyCertified”、”Cosmograph “の文字が順に並んでいます。

サイドです。 サイドには3つのハンドルがあり、2時位置のボタンがオン/オフボタン、3時位置のボタンが時間調整ボタン、4時位置のボタンがクロノグラフ針のリセットボタンとなっています。

ベゼル:回転しないブラウンブラックのセラミックベゼル。 セラミック製のリングは、腐食や傷に強いだけでなく、紫外線を浴びても色あせないという特徴を持っています。 耐久性と視認性に優れているだけでなく、最上位モデルにはPVD(PhysicalVapourDeposition)コーティングが施されており、外輪のタコメーターがより鮮明に見えるようになっています。

時計の心臓部であるキャリバーも気密性が高く、オリジナルのキャリバー4130を搭載しており、厚みと仕上がりが非常に良いムーブメントです。

最後に、針への影響についてですが、まず第一に、そのハンサムさがなんとも言えません。 ただ、重すぎて片手でフェラーリを運転できないのが難点ですね(はははは、冗談ですが)。

他のロレックスモデルとの重量比較

ヘディ

あなたの大好きなグリーンゴースト。

多くのスターも着用しているこちらの時計は、メンズですが、女性にも似合いますし、アイスブルーの文字盤も女性にはいい感じですね。 この象徴的なスペシャルモデルは、ロレックスが影響力のあるセレブに優先的に販売しているそうです。

もちろんロレックスのスポークスマンであるフェデラーも持っているに違いありません。

全体的に、ロレックスは常に人々に落ち着いた大人の気質を与えてきましたが、このアイスブルーのディトナは、数あるロレックスの中でも若いロレックスのような、爽やかで上品でクールで清潔感のあるモデルです。

コメントを残す