中世ヨーロッパではどこまで性的抑圧が行われていたのか?

“道徳的なホームスパンは最悪の歴史家だ” 中世の性に関連した聖典法の単なる聖職者的側面の議論だけでは、その時代の真の社会的モラルを十分に反映していない。

画像をクリックするとHDで拡大してご覧いただけます。 文学のこと。 米)ウィル・デュラン『世界文明史-信仰の時代』第四巻、1949年

まず、中世のヨーロッパ人のすべてがカトリックであったわけではなく、私たちが思うほど敬虔なカトリック教徒ばかりではありませんでした。

図1:増殖する原理主義的教義への不信感の表現

図2:既存の様々な課題

図3 「堕落」の文化

図4 中世を宗教的に考えすぎないこと

第二に、中世の教会では、特定の性行為を繰り返し禁止していたにもかかわらず、社会現象として継続していたことである。

図5:経験豊富な若者、ソドミーの流行

図6:人獣、婚前、婚外……。

図7:ある産業、軍……

図8:大学、監督下の運営・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

図9:教会の態度、服従…… 早期結婚と婚約

中世の婚姻関係は次のようになっていた。

図10 婚姻関係のカノンと相続

図11:カノンの法則の精密化

図12:異なる信仰の混血結婚、市民避妊法

図13 乳幼児の育児放棄と不倫

図14 別居と離婚

2017-06-08更新しました。
中世の教会は男女の劣等感に満ちていたが、一夫一婦制、聖母マリアの尊重、女性の相続権の保護などは、ある程度女性の尊重を反映していた。

①: カトリックでは、聖母への敬意を表す言葉は、「敬称/尊敬/栄誉」であって、三位一体のみに用いられ、聖母、天使、聖なる者への敬意を表す言葉ではないので、以下の訳は誤りである。

図15:教会の女性に対する評価の低さ

図16:教会の基準と世俗的な法律への敵意

図 17 中世の女性の仕事

図18 中世文学・歴史に登場する女性たち

図 19 エレノアの生涯

図20:アフェア

図21 後半生と評価

次に、中世の公共道徳について考察する。

図 22 中世の複雑な民俗学

図 23:ソーシャル・フィランソロピー

図 24:難治性貧困

当時の世俗的な開放性と教会的価値観の保守性は、中世の貴族女性の服装にも見ることができる。

図 25. 貴族女性の華麗な衣装

図 26. 反権威的なドレスコード

図 27. 事務的な批判

図28. 批判はあまり効果がない

大学時代の中世史の先生がそう言っていました。

具体的な内容は複雑で様々ですが、聖人に叙任されるほど敬虔だった王の結婚生活を見てみましょう(最後の聖人王、笑
(「セントルイス」より)

まあ、それが中世のモデル夫婦の結婚生活だからな、参考までに。