女の子は夏にスーパー短パンを履けるのに、男の子は短パンを履くと教養がないと思われてしまうのはなぜなのでしょうか?

最後に更新しました。

ジェンダーの不平等とはこういうことです。

本質的には、家父長制社会のジェンダーステレオタイプ。

その根底にあるのは、家父長制による男性に対する女性の客観化の結果である。

家父長的な社会の価値観は、単純に「男性>女性」という公式で表現することができます。

このような価値観では、男性は高貴な対象であり、女性は劣等な対象である。

この価値観によれば、女性が男性を見上げることは「積極的」で「上向き」な行為であり、男性が女性を見下すことは「退化的」で「下向き」な行為とみなされる。

また、「女の男」がポジティブな意味合いで捉えられることが多いのに対し、「女々しい」は板の上では蔑称として捉えられているのもこのためです。

また、女子が親から「男子よりも優れている」と名づけられ、男子が「女子よりも優れている」と名づけられることをほとんど聞かないのもそのためだ。

それと同じように、女性は中性的になれるが、男性は中性的になることへのプレッシャーに直面する。

根底にある価値観の論理は、男性は女性よりも強いということです。

また、家父長制が女性に求めているのは、情けなくて情けない、無能で依存心の強い人である一方で、男性には、タフで壊れない、壊れない、子供のいない人であることを求めています。 このイメージを満たさない男性は、家父長的社会が嘲笑し批判する「お姉さん」になりやすい–思いやりや繊細さ、忍耐力など多くの美徳を持っていても、家父長的な男性のステレオタイプに適合しないだけで、「堕落した」「下降した」「資格のない」男性になりやすいのです。

服装についての質問では、短パンが禁止されているだけでなく、外見に少しでも気を配っている男性は攻撃を受けやすいことがわかります。

家父長制では、性的対象である女性は男性に選ばれ、選ばれる存在であるため、性的魅力を高めることで「価値」を高めることが女性の独占的な仕事となります。 一方、男性は、能力や階級、経済的地位を高めることで、性に対する「購買力」を高める。

このような社会状況の中で、男性が服装や外見にこだわると、一方では家父長制の求めるタフな男性像を満たさず、他方では女性の行動に近い「退化した」「下降した」男性であると家父長制の価値観を受け入れる世間から批判されてしまう。

家父長制は女性を抑圧しているだけではない。 なんで計算高いんだよ/どうやって服を着ているんだよ/どうやって家を買わないんだよ/どうやってバスケもできないんだよ……」などと非難の声を浴びる男性は皆、家父長制の文脈の中でジェンダー・ステレオタイプの被害者なのです。

家父長制が集団的無意識として蔓延している現代社会では、「ストレート男性ガン」に苦しむ女性は男性よりも少なくありません。 中絶された女性の胎児の背後には、”ストレート男性ガン “の妊婦がいて、一文ごとに “大物になって邪魔しないでくれないか?”と言われている。 この議論の背後には、「女性よりも男性」という家父長的価値観を受け入れている女性がいる。

男女共同参画とは、社会の中で男女が対立して一人の性別の優位性を奪い合うことではなく、男女が肩を並べて、性別ではなく、一人ひとりが自分の意志で人生の道を選べる社会を目指すことなのです。

男女平等社会では、男性は理科やバスケットボールが得意ではないからと馬鹿にされたり、家を買う余裕がないからといって別れたり、短パンを履いているからといって無学と呼ばれたりすることはありません。

女性は一家の経済的収入の半分を分担して家事をすべてやらなければならず、雇用や教育、昇進などの不公平に直面することもなく、強くて自立していることを「女の男」と呼ばれることもありません。
ジェンダーを前提としない自由な選択の権利。 これがフェミニズムの究極の追求です

上の写真。

4月4日に更新しました。

よくある質問に答えるために(以下は比較的退屈なドクトリンを取り上げますので、非戦闘員の方はクリックするだけでOKです)。

1. 短パンを履いているだけで男女平等のレベルまで上がっているのでは?

A:りんごが着地して昇天しただけではないのか?

確かにこの質問の答えは、リンゴが熟しているからといって着地すると感じるのと同じように、単純に「きれいではない」と感じて終わりにすることができますが、だからといって、その背景には深い理由がないわけではありません。

家父長制が生じたのは、生物学的な理由ではなく、社会が女性に対する男性の優位性という価値観を受け入れ、それを男女の心理構造の一部として内面化したからです。 この男女の心理構造は、人々の思考、言動、行動、価値判断に常に影響を与える集団的無意識として作用している【1】。 重力のように、直接見ることはできませんが、常に影響を受けていますし、どこにでも存在している証拠がありますし、解剖するには具体的な例に戻るのが一番簡単でわかりやすい方法です。

2、それは、女性はセクシーで短パンが似合うし、男性はだらしない/クィア/短パンが似合わないからだ。

A:この考え方の裏には、なぜ女性の脚が「セクシーでイケメン」で、男性の脚が「イケてない」のかという疑問があります。

上述したように、それは非常に単純なことです。家父長制の下では、女性は性的対象として「性的欲求を刺激する」という「義務」を負っていますが、男性は性的対象としてこの「義務」を負っていません。

フロイトは、覗き見を性的本能の表現として捉えていた。 ミュルヴェイも「見ること自体が快楽の源泉である」とし、人間は生まれながらにして「見ることの快楽」【2】を持っているが、家父長制下の「見ること」の構造は「男が見る/見られている女」であると述べている。

この「見る男/見られる女」モデルに埋め込まれた男性的な概念は、女性の自分の見方、すなわち「見る男」「見られる女」「男に見られる女」「男に見られる女」という価値判断を微妙に内在化させている。 このようにして、男性の美的関心に適合する女性的価値基準は、社会における女性的価値基準となり、女性の自分自身に対する認識を絶えず変容させていく–その過程で、女性の身体は「美しい」「セクシー」と定義されていくのである。

また、男性は「見る・対象」、女性は「見られる・対象」というアイデンティティを受け入れた上で、「女性の身体(脚、胸、鎖骨など)は美しい」という意識が生まれ、社会的に一貫した「男子がだらしなくてもいい」「そんなだらしないと女の子はどう見えるのか」ということが根付いていく。

3、短パンを履いている男性はシミができやすい。

A:これはもっと理にかなった理由です。 しかし、ローカットの服や超短めのスカートを履いている女性も裸になるリスクがあるのに、なぜそれが問題ではなく、考えられているのでしょうか?

その理由は、一言で言えば、家父長制の文脈において、女性の身体は「モノ」であるからです。

ラカンは、女性の身体が男性に対する差動的な他者であることを指摘しています(フロイトのオイディプスコンプレックスの助けを借りてより複雑な他者、ここでは議論しませんが、この答えを参照してください:なぜ映画には、善人(特に男性)を捕まえた後、彼らを殺す準備ができている前に、誘惑者やSMのように振る舞う女性の悪役がよく出てくるのでしょうか? -エンロンの答え。 (フロイトの精神分析的引用文を読むことをお勧めします)女性は、成長する男性のための生きた去勢された姿です。 その「意味」は、性的差異、男性性のより大きな自意識の確立、主体の同一性にあり、女性の追放が成功したことによって引き起こされた象徴的な不安とトラウマ的な記憶のプロセスを常に含んでいる。

ローラ・マルヴェイは、”男性の無意識は、この去勢不安から逃れるための二つの方法を持っている:……この第二の方法、鑑賞のフェティシズムは、対象物の有形美を創造し、それ自体が満足できるものに変えてしまう “と指摘している。 【3】
この文を言い換えれば、去勢の恐怖をなくす第二の方法は、女体を完全に客観化し、欲望の連想を与えることである。 このようにして客観化された女体は、もはや男性の差異に対する他者ではなく、他者性の他者である。 女性の身体を「無関係の『物』」と定義し、「去勢された身体」であることを否定することで、男性は自分自身の去勢への恐怖を取り除くのである。

物」としての女性の身体は「身体」の意味を失い、「性」の象徴となり、そのは性的な魅力を持っていると考えられるようになった。 一方、男性のには、そのような「美」はありません。

アイドルスターの中で整形の割合が高いのも、その職業柄、ファンに消費される商品的な属性を持った身体を持っているからである。

1】 戴雪紅「パトリアキーと現代資本主義批判-フェミニストの理論的視点」『女性学シリーズ』2001年6月号参照。

2】ローラ・マルヴェイ『見る喜びと物語映画』より

3】ローラ・マルヴェイ『見る喜びと物語映画』より

上の方。

アムウェイの回答。 男女平等の経験は? -エンロンの答え