実在の人物に黒いビニールの服を「人形」として着せた「林西の人形館」のネチズンたちの行動をどう思う? どのようなメンタリティなのでしょうか? 法律違反の疑いがあるのでしょうか?

このような「人形」は複数の場所に存在し、未成年者まで巻き込んでいるという本人の微博での返信のスクリーンショットをご覧ください。 本当に自主的なものなのか? 強制がある可能性はあるのか?

法に違反している疑いがあるのか? 関係当局が踏み込んで調査する必要があるのか?

背景には以下のようなものがある。

うっかりブロガーさんのつぶやき-林西のドールハウス。 全体的に筆を執った後、背筋が凍る思いしかしませんでした。

1.ブログ主の返信は完全に非論理的で、社会生活を送っている普通の社会人が4年間の修行➕十数時間の立ち仕事をする時間をどこで手に入れるのか?

2. また、本人が心理トレーニングを受けてボランティアをしたと言っているのに、ボランティアをしたと言っているのも怪しいのでは? 相手が客観化メンタリティの人だとしても、それは相手の病気を利用して自分の獣的な欲望を満たすために利用していることになりますよね!?

3. この人形はネット上の行方不明者の可能性がある? 子供が人身売買されて調教されている可能性も? この仮面を被った彼のいわゆる自由行動は、真夜中や空っぽの時に外出することをつぶやいているのを見かける。

4. さらに進むと、精神科病院と結託して産業チェーンを形成しているとしたら?

↑上記が元々の回答ですが、現在は追記しています。

人形については、ブログ主は自分の仕事を持っていて、国の重要な植物研究所の所長でもあると何度も回答しています。

人形の職業は疑わしい。

女性幹部の中には特殊なフェチがいて、お金に余裕がある人もいることは否定しません。 しかし、彼が言うように訓練が始まったのが15年後半、16年前半とすると、これまでに4年の歳月がかかっている。 国家基幹研究所の所長が♪うわぁ~。 彼と自虐的に遊ぶ時間とエネルギーを持っていること?

まず、ブログ主の返信によると、この人形は現在27歳。

通常の大学卒業は22~23歳で、修士号取得者の年齢は変動します。

EMMM…国家基幹研究所の所長が27歳?

彼女が天才かどうかは知らない。

しかし、論理的思考を持った責任者が彼に洗脳されて成功するとは…それはそれで大変ですね…祖国のためにも少しパニックになってしまいます。 この手の仕事って、ある程度の国家機密を伴うんですよね。 担当者が簡単に洗脳されてしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

第二に、人形の訓練時間を見ると……チッ、本当にアイドルですね。 私は黙って中国科学院微生物研究所の友人の輪の中の博士号を持つ二人の友人のことを考えた……うーん、彼らは毎日のようにシャドー分岐の練習やネツァーになることを嫌っているのだ。

こちらは、人形の長時間立ちっぱなしの話をしています↓。

怒っているだけなのか?
微生物よりも植物の方が研究しやすい? しかし、もう一つの可能性があります – ザイの仲間たち(ただし、ザイも必ずしも「像」としての時間がそこまであったわけではないと思います)。

立ち仕事の時間に加えて、まともな仕事をしている人にはかなり非科学的なジェルコートを着る時間もある。 あれはスキニーの革パンツよりも不便だけど、リンさんの返信によると、人形は仕事に着るものだそうだ。

うわー、また国が心配になってきた。

結局、人形は流れるような食事をし、カテーテルで呼吸をし、下半身には肛門栓をしていた。 毎日長時間立ちっぱなしで、旅行に向かない服を着ている。

これが本当に国内の某重要植物研究所の所長だとしたら、本当に胸が寒くなりますね!(笑)。

それから、ブロガーについてのメッセージです。

おそらく-河北省唐山市の人たちは、子供の頃に特別な体験をして普通の人とは違った成長をした人、こういうことに反対しなかった両親、こんな人形が6体もあった人、お金持ちで本当にお金と余暇を持って暮らしていた人たち。

成長の経験。

親の態度。

6つの人形の「機能」。

2019年の彼のツイートとリプライをほぼ全てスルーして、初期のツイートとリプライの一部を、ツイート動画を探して最初のものにドラッグして見てみました。 個人的な感想ですが、彼は礼儀正しいように見える反面、本当の意味でのトリプルハイトではないように感じます。

真のトリプルハイト(高二重商+高学歴)は、彼のように表面に浮かんでくることは少ない。 そして、いくつかの返答を見ていると、矢子瑛はあまり賢くない、矛盾したことを言っている、論理性に欠けているという印象を受けた。

科学捜査官を名乗りながら、メロンを食べる人が気づかないような言葉で返事をしたりもします。 私も心理学を専攻していたので、彼の言葉はプロというよりも、人に洗脳袋を投げつけるようなデタラメなデタラメを言っているように読んでいました。 個人的には、彼が問い合わせをしたのは特別なフェチだからだと思います。

彼がこのフェチに初めて触れたのは海外だったと他の方に返信していますが、私は誤ってスクリーンショットを削除してしまったようです。 その返信のために彼のコメントを見て回る気力は残っていません…。

彼のコメント欄の何人かの人は、すでに彼に盲目的な賞賛を持っているのでしょうか? 彼が法医学を実践していることについて何と言おうと、彼は確かに心理学を理解しており、感情的で知的なIQが高く、高学歴であることは間違いない。

彼は心理学を知っているというよりは、むしろPUAのようなものですね。

特に元に戻るのがリバーシブルなやつ。 反脳洗脳で人を普通の生活に戻すって? へ!へ!ツイ!? (唾)リバーシブル、PUAのバックタイムネタは人を騙すためによく使われている。

あと、ネット依存症を治療して普通になるために電気ショックの話をしているのを見た。 信じようが信じまいが、彼はヤングの電気ショック治療が、そこに送られた子供たちに永久的なトラウマを与えていたことを知っていたのだろうか? その子供たちがネット中毒を「治した」のではなく、「救われた」ことを知っていますか? ⛏❗️‼️

本物の科学捜査官かどうかは知らんが、むしろただのオッサンであってほしい。 特別なフェチの金持ちの子供よりも、彼がプロであることの方が怖い。

あと、考えさせられる回答がこちら。
1.30代の若い女性がこのレベルの洗脳? 2.この洗脳ってどんな変態なんだろう?

3.自分と人形が対等な関係にあると言いながら、自分のことをとてもポジティブに描いてください。 実際に?

4. 木狼(仮名、Weiboに行って誤って傷つけないでください)は、@linxiuの人形に返信しました:誰もがそれについて好奇心を持っているすべての種類の質問は、それがノベルティの「もの」肯定であるということです、それについて好奇心を持っている人々は、それが人ではなく、楽しいものであると考えています。 この1つを伝えて、このノベルティのおもちゃがみんなに認められて、認められて幸せになってほしいですね

このオオカミさんには、おへそ ⛏⛏⛏⛏⛏⛏⛏⛏⛏⛏

5. これは一体何なんだ?

6.

もうこいつのツイートには行きたくない。 このブロガーを発見した人たちが、だんだんこいつの支持者に洗脳されていくのが目に見えて疲れる……。

こういうサークルは海外でも大衆には受け入れられないんだよ、わかったか!? コメント欄にはこの件で床を洗っている人はいないのかな? これと同性愛は一体なんだという人はいませんか? ……..ヤっちまうぞ!

———————————————————————–

皆さん、うなずけてくれてありがとうございます!初めての回答で、こんなにたくさんの方に応援してもらえるとは思っていませんでした。 皆さんありがとうございます!!(笑

友人がリンクを送ってくれるまでは、私の返信はそこで終わると思っていたのですが…。

もともとは、「林西のドールハウス」でひょうたん食うSF記事をやって、最後に普通の3つの見解で社説をやって、ひょうたん食う大衆に警告するのが公の番号だと思っていました。

しかし、そうではない。 やはり公號ライターの第三の意見を過大評価している。

最初は普通に話していて、最初の部分を見たときは、科学技術の危険性を入り口にして、みんなに分け前を与えようとしているのかと思った。

その結果、彼の言葉が変わった。 林西」のために床を洗い始める?

話し方やマナーから見て、優秀?

彼? 林西』のドールハウス? マナーが優れている、マナーが良い? うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

この人は育ちがいいのね

私は? 私は時代のモデルになるかもしれない文明の先駆者だ!

また、この人は法を破っていないと言う人もいますし、世間一般とは関係のない個人的な趣味に過ぎないと言う人もいます。
このような行動は言うまでもなく、もしこの “林西 “氏が昇進に成功した場合、社会にどのくらいの害があります。

本当に法を破っていないのか?

私は十二字経を “林西 “とその信者に 渡したいのです

私は下品だと思っているのか?

50セント賭けてもいいぞこれでゲルコートが売れる

私の専門分野なんだから、見てみないと。

さらに面白いのは、また仕事の落とし穴に落ちている粉もんの特典もあるということだ。

長年、ニューメディアの運営に携わってきた経験から、これは何かが間違っていることを教えてくれました。

ちょっと調べてみたんだけど、こいつは落ち着きなく自分のサークルに閉じこもっていて、twitterのフィードを買い漁っていて、交流するグループを作っていて、とても素晴らしい

これはヘッドライン+ファンパス+ファン維持+社会運営+福祉解放+マーケティングナンバー推進のクソじゃなくて、同じルーティーンのネトウヨが孵化してるんじゃないの?

みんなのスクリーンショットや当事者のメッセージの抜粋を少し見てみると、言葉の繰り返し、番外編、論理は意味をなさない、覇権的な社長+高校生+ヘゲモン+高学歴家族+逆流紳士+N+1のフリを強要されている・・・。

調査なくして結論なし」の精神ではないでしょうか?

彼の持つ矛盾や非論理性を見てみよう。

脱毛と排泄についての部分もありますが、私が傍受していませんでした。

俺が聞きたいのは、1日30分しかシャワーを浴びて、残りの時間は着ていないから、食事をして排便してジェルコートに着替えておばさんの生理を待つ時間はカウントされないのか? それとも1日に24時間以上あるの?

これは言わずもがな、動かすか動かさないかはおばさんが決めることだよ。

鑑識だと言うなら、ある程度の常識を持つべきでは?

十数時間、寝ずに立ちっぱなしで、人間が耐えられるものなのか?

ホテルのスーツケースに入れることは可能だが、空港のセキュリティはX線だぞ?

OK、彼女にチケットを買ってあげればいいけど、そんな感じでセキュリティを通過できるの?
このブログ主さんによると、ジェルコートを脱いで普通の人と同じように取れる可能性は低いですよね?

ここの方が矛盾していませんか?

気にもしていません。

……..

さて、このブログ主はメアリー・スーの小説の読みすぎかな?

国の調査事務所のシステムで、こんな仕事をプラモで引き受けてくれる職員がいるのか?

段落を作っているのではなく、私の知性を侮辱しているのですね。

パーソナリティ? 自己客観化、物として扱われたい、人は人と呼べるのか?

モノなので、必要なのはモノであり、モノの本質は等価交換ではないでしょうか?

アイテムを持つという自己認識から、仕事に行く必要があるのではないか?

強調するために。

学位は、いくつかの略語は、水から高い学位を吹き飛ばすだろうというほど安価ではありませんか?

現在のマーケティングの数字は、いくつかの頭脳といくつかの常識を持ってきてください。

あなたは、彼らが現金化するためにトラフィックをごまかすために設定されていることを擁護する人々の共犯者であり、あなたはそれに沿って行くのです。

人間らしくしてください。

こういう褒め言葉は本当にそんな風には使われていませんよ。

自分の背伸びしたイケメン紳士の優しさを吹っ飛ばして何かいいことがあるのか?

無知な女の子を火の中に飛び込むように騙す以外にも、人格的現実に負け犬である負け犬をより多く引き寄せます。

彼のゲルコート、コース、または何でも、よく売れていることは、あなたにマーケティング数字のパイの一部を与えるつもりですか?

最後に、このトリックは、私は個人的にほとんどのユーザーがより多くの科学の周りにmicroblogging友人を再生するために、それを見るために茶番劇として誰もがまだより多くの脳みそであると思った場合でも、マイクロブログのユーザーをだますと思う、風と波に貢献していない、それに屈服。
質問では法的な性格づけについて質問されていますが、@ThreeScribeさんとの簡単な議論の後、いくつかの点で拡大する価値があります。

1、そのような行為は、特定の集団の特定の性的嗜好に奉仕するものであると主張されており、そのようなイメージが「商品」であるかどうかの検討が必要とされている。 この点については、関連する議論があった。

猥褻物及び出版物の認定に関する暫定規定によれば、「性的倒錯に関する暴力、虐待及び屈辱を具体的に描いた」出版物であって、「人々の性欲を刺激するもの」である出版物は、「性的倒錯に関する暴力、虐待及び屈辱を具体的に描いた」出版物であって、「人々の性欲を刺激するもの」である出版物は、「性的倒錯に関する暴力、虐待及び屈辱を具体的に描いた」出版物であって、「人々の性欲を刺激するもの」である出版物は、「性的倒錯に関する暴力、虐待及び屈辱を具体的に描いた」出版物であって、「人々の性欲を刺激するもの」ではない。 性倒錯に関する暴力、虐待、屈辱的な行為を具体的に描いている」出版物や、「人々の性欲を刺激する…芸術的・科学的価値のないもの」は、商品とされています。 問題の記述によると、タイトルには、これに該当する可能性のある画像が含まれている。

2. 商品」に該当する場合、法的にはどうなるのでしょうか?

問題の記述の状況が本質的に真実であるならば、それはわいせつ物の普及の犯罪を構成する可能性があります。 また、未成年者を「モデル」として使用する可能性については、最高人民法院及び最高人民法制局の「インターネット、移動体通信端末及び音声局を利用したわいせつな電子情報の制作、複製、出版、売買及び流布に関する刑事事件における法の具体的適用に関する特定の問題に関する解釈」の第6条によれば、刑罰は増悪されることになる。

マイクロブログアカウントの背後にある組織が国外で大規模な画像を投稿しているとの報道もあるので、「このサイトのサーバーは米国内にあり、米国の法律で保護されている」ということになるのでしょうか。

必ずしも米国の修正第一条では子供向けの商品は保護されていない。

米国の反児童法であるProsecutorialRemediesandOtherToolstoendtheExploitationofChildrenTodayAct (PROTECT)では、性的虐待に参加している子供の「視覚的描写」は、深刻な文学的、芸術的、政治的、科学的価値を欠いており、修正第一条で保護されていない子供の製品であり、その製造と所持は犯罪となります。

インターネットのおかげで、子どもたちの背後にある利害の連鎖が国境を越えて可能になりましたが、世界各国が団結して、サーバーを子どもたちの盾にしないようにしようとしています。 願わくば、この問題が国民の目に留まり、事実がさらに確立されることを願っています。

彼らは私たちの認知の境界線に触れている。 全体が冷え切っている。

何よりも探求する価値があるのは、彼らがどれだけ変態であるかではなく、普通の人が変態の気持ちを無理やり理解しないことには意味がないはずです。 彼らの「幸せ」に感謝できないのなら、自分が幸せになるべきなのだ。

一番考えなければならないのは、「自発性」というのは、それ自体が有害な介入をして終わりなのかどうかということです。

加入は任意ではないのか?

薬物の購入は任意ではないのか?

自殺の基本的な定義の一つに「自発性」があるのではないか?

自主性という言葉のせいで社会的勢力を孤立させること?

ジェルコートはBDSMのサークルに属している、つまり束縛、規律、支配、服従、サディズム、マゾヒズム、その他多くの行動に属している。

確かにサークルはドラッグのように部外者に影響を与えることはなく、みんな一人遊びをしています。

しかし、上記のような行動の展開からすると、それぞれに健康上のリスクがあり、コミュニケーションが途絶えるリスクがあります。 また、これらの行動の中には、あまりにも病的になりすぎると、簡単に手に負えなくなるものもあり、その結果、社会的な拘束力を失ってしまうこともあります。

人を人形として育てるほどゲルコートで遊ぶという話は聞いたことがありません。 この程度の情報隔離、この程度の物理的なコントロール、正確にはどうやって助けを呼ぶのでしょうか? 虐待者はどうやってジェルコート人形の健康を安全に管理しているのか? この文脈の中で「自発的」という言葉の価値は何なのか?
自主的というのは、残業が自主的なものであると聞くなど、心強い自意識があるはずですが、それならば、残業は心身の状態で十分に対処できるという意識があるはずですから、身体的な影響は限定的であると判断します。

しかし、その逆で、ジェルコートで人形を作るという極端な環境が、コントロールできない要因になってしまいます。 人形が自由を失い、外の世界で何が起こっているのかを常に感じ取ることができなくなるという、虐待者のでたらめな体験は、さらに価値を下げてしまうのです。

この「自発性」は、人形が束縛感や屈辱感に貪欲に執着した結果なのかもしれませんし、人は何らかの精神的な欠点を抱え、他人には理解できない慰めを求めたくなるのは必然です。 考えてみてください、お腹が空いているときに食べるのは当たり前、食欲をそそると太ってしまい、栄養過多になってしまいます。 世界の人々の4分の1が飢餓やその他の関連疾患で死亡しているように、過栄養を甘く見てはいけませんし、どんな欲望にも耽溺することは、たとえそれが正常な必要性であっても、奈落の底です。

このニッチなセックスの需要は言うまでもなく? だから、人が自分自身のこの欲求を満たすことに猜疑心を抱いているときに、意思を示しても安全にはなりません。 関連するリスク情報がない場合、この程度の制約は効果的な情報交換を孤立させ、回復力を奪うことになります。 物事がうまくいかなくなったとき、誰もそれをコントロールできない。

したがって、災害だとわかっているときに、火事の落とし穴に飛び込むことを「志願する」ことは、それが災害であることを知っているときに、「志願する」ことである。

何が安全な言葉を設定するのか、合意書に署名するのか、それはすべてサークルの自作自演であり、舞台上の私たちの社会では法的な有効性はない。 まずゲームをして好き勝手に判断して、ブラックSが責任を免れることはありません。

しかし、気にしない人もいる。

やり方を知らない子の多くは、この小さなサークルが作り出す「プロ」の雰囲気に騙されて、このサークルに「底辺」があるような錯覚を起こしてしまいます。 錯覚が深まれば深まるほど安心感は大きくなり、この安心感は、Mでありながら楽しむためのものではなく、自分の身体のコントロールを放棄するための心理的な根拠となるものです。 だから、敷居のように、自分を信用していない人は淘汰され、残りの人は「信者」になってしまう。

それでも危険なのは変わらないし、信用すればするほど彼の行動は大きくなる。 あなたが協力すればするほど、彼の果たす役割は大きくなります。

つまり、安全な雰囲気になればなるほど、安全保障上のリスクは大きくなるということです。

事件を語る。

数年前、カナダの白人のSが中国のゲイのMと遊んでいるライブストリームがyoutubeに流れていました。 中国人の弟は、猿ぐつわをされ、目隠しされ、縛られていた。 体の筋肉が上下に蠢く姿はとても目を楽しませてくれました。 せいぜいちょっとした内容のSM変態番組になると思っていた。

生放送中に突然白人の少年が顔を変えてナイフを取り出したことを誰が知っているだろうか。

被害者は中国人男性の喉を切り裂き始め、被害者は鳴き声も出せず、体がガクガクと開いて異形になるほどに悶えていた。 しかし、どうしても抜け出せない。

もがいているところから、ついに沈黙まで身悶えするようになった。

その時から白人の少年のバイブレーションが始まり、その光景はISISによる人質の処刑のような血なまぐさいものだった。

もう読めないし、前の段落だけで精神的な影ができてしまう。

観客は計り知れないほどの衝撃を受けた。

結局、カナダの警察は映像の発進を元に犯人を捕らえ、犯人は被害者に対して反省も特に憎しみもなく、ただただ思い通りになってしまった。

当時の世論は揺れた。 生放送というプラットフォームへの反省なのか、それとも社会のSMに対する寛容さなのか。 あちこちで白熱した議論の波が押し寄せていた。
実際、あの中国人の男の生放送は明らかに彼よりも強く、ほぼ完璧な身体をしていて、もし彼自身の口が良ければ、この変態泥棒船に乗らなければ、彼に傷つけられる可能性はなかったかもしれない。

喉を切られた時、彼が一瞬何を思ったかは想像に難くないが、誰かを人違いにしてしまったことを後悔したのだろうか。 それとも、束縛を受け入れたいという心理が丸ごと否定されてしまうのだろうか。 自暴自棄になるまで自由になろうとした彼が何を考えていたのか、私たちには知る由もない。

欧米は比較的早い段階でこれらを演じていますが、いわゆるプロトコル、安全な言葉、それぞれのサークル内での卑劣なルールがこの被害者を守っているとでも言うのでしょうか。

強い男がこのような結末を迎えたとき、女性はどうやってもっと虐げられて支配されている集団として自分たちを守ることができるのでしょうか?

自由を他人の手に委ねすぎると、リスクは制御できなくなる。

いくつかの倒錯行為を「自発的に受け入れる」ことは、実際には罪への道を開くことになります。

あなたが危険な行為を受け入れることで、その行為が持つ誤った安心感が増し、結果として世界のどこかで誰かが苦しむことになります。

“正義 “は有限の資源であり、すべての状況を打破してリスクを無制限に排除することはできません。 また変態的なゲームをしたい、絶対的な安全を求めたい、それが理想の状態です。 現実はそれができない。 諦めるべきフェチもある。

少女のHな絵もそうだが、この手の絵が好きそうな人は少女を傷つけることはないだろう。 しかし、そのようなフェチに耽溺していると、被害者の数が増えてしまいます。 だからこそ、各国はかなり厳しい規制をしているのです。 多くの先進国では、「H」の絵が描かれた女児の携帯電話を持っていると、留学生は絶対に本国に送還できない。 重大なケースには刑が科せられます。 社会は、自分のペテンを理解するために、罪のない人を危険にさらすことはしない。

社会の「正義」が限られているのは、社会のせいではない。 あくまでも客観的な現実です。

あなたは人形として楽しむためにここにいるのです。 そこに少しだけ「信頼性」をプラスして、その幻想的な「信頼性」を利用して障害者人形を作ったり、臓器を切り取って金で売ったり、それすらも受け入れられないほどの変態的なものを混ぜ合わせている人がいます。

単純に全てをコントロールできないだけ。 この同人は同じような特殊性を持った安定した集団だと勘違いしてはいけません。 人間は複雑で、あなたの同類かもしれないし、同時に悪事を働くかもしれない。

私の知る限り、BDSMのコミュニティには、性行為が原因で結局レイプされてしまった人たちがいっぱいいます。 しかし、証拠を得るのが難しいため、被害者は加害者が処罰されないまま放置されることがほとんどです。 翌日になってもこの男に痴漢され、5、6人の輪の中に野獣が現れる。 輪の中で悪評を与える以外には、どうすることもできない。

なぜ証拠を掴むのが難しいのか。

オープンにして、服を脱いで、ポーズをとって、セックスを終えてから、最終的に誰かをレイプで訴えるのですね。 闘争の兆候はどこにあるのか? 縛られていることと、あなたのすべての闘争は、縛られたプレイにカウントされます。

サークルのルールをまず裁判官に理解させる? 裁判官として何をしたいのか?

このように、この「無性の条件付け」の文脈でのレイプ被害者は、ほとんどが無駄に被害を受けています。 部外者は、馬鹿にしているのはあなただと思っているし、ハメられているとさえ思っている。 部外者はお前を気取っていると思っているし、お前が被害者だとわかっていても差別している。 ここでは誰も政治的な正しさについては何も言っていない、法の光が当たらなくなると自然としか見えなくなる。

おそらく同じような被害者しか共感できないのでは? ああ。 世界的なMetoo運動は何年ストイックで法的保護を受けてきたんだ? あなたの小さな法医学的難易度のサークルは、何という嵐を作ることができます。

加害者はこのようにして、より横行し、被害者はより多くなるでしょう。

あなたが置かれている状況を想像してみてください。 なぜこんなことになってしまったのか。
それは、自分の嫌味を満足させるためだけの変態だからです。 他に何のために?

この危険性はギブアップです。

改めてこの事件を見てみると、人形の配置の方が罪を犯す余地があることは明らかであり、被害者の方が百倍危険であることがわかる。

アド・ホメインには空間的な根拠はないが、時間的には洗脳を続ける余地がある。

また、BDSM界隈でも許されない原理的な問題もあり、「回復不可能なトラウマ」は、皮膚、呼吸器、排泄器官、心理に計り知れないダメージを与えることが保証されない。 誰が評価したのか、誰が規制したのか、加害者を楽しむ側の自意識に頼っているのか。 こうやって遊んでいると、彼らは自分たちの結果を知らないのではないでしょうか?

支配感を与えることは、基本的なS(またはドミニオン)スキルであり、「これはできない」という危険信号を相手から得ようとしないことです。 マーケティング広告から製品の欠陥を探すことを期待しないのと同じように。

BDSMの関係であなたを麻痺させるのは彼の責任であり、麻痺させるのはあなたの責任です。 いわゆる「修行」は数年かかっても、精神的には本当の意味での「自主的」なものになるのでしょうか?

最後のホームは、いわゆる「自発的」ではない資本の波のための杭であり、奈落をカバーするために自発的に、彼らは登ることができますか?

深い罪が介入すると、すべてのプロトコル、安全な言葉、潜在的なルールが守られていません。 彼らは臓器を売買し、新しい品種を育てるために手足を切り落とし(ヨーロッパでは詳細を知りたくない恐ろしい噂がある)、少女たちは日用品のように解体され、闘う機会もなく、加害者に同情の表情すら伝わらないまま放置されている。

この瞬間、この「自発的」な価値観の幾何学的なものを教えてくれないか?

自発的な介入の一言で外部からの干渉が終わるようなものではない。

社会の底辺の試金石だった。

一線を越える前に何かが起こるのを数回待ってからでは遅すぎる。