犬好きがほぼ聖母マリアの代名詞となっている今、犬の肉を大量に盗んで食べることをどう評価するのか。

それはあなたが牛、鶏、アヒル、魚、豚を盗むことを気にしたことがないニュースです、これらの暴力団はとても大きいです、あなたはそれに慣れている、それは大したことではありません、牛でさえ数万の価値があります。 犬を数匹盗むことについてのニュースをじっと見て、それが一番だと言っているだけ。

この理屈だと、全ての家畜は食べてはいけないことになる。

犬の窃盗があって、それから犬の肉が全部盗まれているという誇大広告。 明らかに、これらの人々が気にしているのは「盗み」ではなく、「犬」です。 それはそれを提案する人たちに気になるのは「コンパニオンアニマル」という言葉ではないのと同じように、それは「犬」という言葉です。 なぜなら、他の人たちは「コンパニオンアニマル」としてニワトリやアヒルを飼うことができるからです。

彼らがいくら理由をつけても、彼らの究極の目的で落とし穴にはまってはいけません。 彼らは窃盗や食の安全など全く気にせず、保護すべき動物のことなど全く気にせず、ただ他の理由で自分たちの正当性を維持しているだけなのです。