相手のことを低く、教養がないと感じてしまう行動とは?

女性に一人

今年の晩冬から春にかけてのある日、スーパーに買い物に行きました。

いつもは週に一度のペースでスーパーに行き、野菜や肉を一度に200~300個くらい買っているのですが、今年の冬の終わりから春にかけてのある日のことです。 スーパーで200~300個の野菜と肉、多いですね。

私がカートを押してレジに向かうと、前にいた人はレジを済ませたばかりで、お客さんにお会計をしてもらう商品を置いているレジのカウンターを空にして立ち去っていきました。

私は手を伸ばして一握りの野菜を取り出し、カウンターの上に置こうとしたその瞬間、突然私の耳を覆うように後ろから手が現れ、カウンターの上に置かれた肉片とレタス2枚を「パチン」と叩きつけた。 カウンターは今まで行ったことのあるスーパーの中ではかなり狭いスペースではなく、ほとんど物で溢れていた。

振り返ると、すぐ後ろに60、70歳くらいのおっさん(敬語じゃなくてごめんなさい、ちょっと嫌な感じで)がいた。 物はステージに向かって身を投げ出し、当たり前のように私を見ていた。

振り返っても何も言わなかったので、こんなことで喧嘩をしなくても借金を清算し続けようと思っていたので、表がなくてもやってみようかなと思った。

結び目の結果が間違っていたことが判明した途端、色々なものがあり、まだ断片的ですが、元々はそのテーブルを置かせてもらえば、レジの結び目の間に置いていたのですが、組み立てラインは、とてもスムーズで、スピードが速いです。 今、私は最初にレジに何かを手渡して、彼女はコードを掃除しながら、それを得るために身をかがめる必要があり、2つはしばしば明確に失敗すると、それはあまりにも遅いです。

これでは私だけでなく、後ろの人も遅れると思ったので、私は老人に向き直って、「ご主人様、私はこの方法では遅すぎます、見てください、私はまだトラックロードのものを持っています、あなたは最初にプラットフォーム上のものを取ってくださいすることができます、私はそれを置くように、みんなが急ぐように。

老人はすぐに怒っていた:あなたはあなたのあああなたは何を意味するのですか?

何を言ってるんですか?

私は非常に親切にしてきました。

この発言はもちろん、口論のアクセントに駆け寄って、全く質問になっていなかった。

しかし、私は彼の発言を真正な質問として丁重に受け止め続けてから、再び彼に説明した:いや、私はあまりにも遅すぎて、あなたの足を引っ張っています。 失礼します、急ぎましょう。

老人は怒号を続ける。 お前、そんなに喋ってないだろ。

考えてみると、もう口論は終わりだから、ゆっくりさせてくれないかな。

私は首をかしげて、「じゃあ、ゆっくりしてくれ」と言った。

ここまでは大丈夫だったし、彼らの世代にはルールの感覚がなく、特定の行動が教養がないように見えることが多いのも理解できるし、それは個人的なことばかりではなく、時代の文脈でもある。

しかし、もう一つ言っていたのは、「あいつは、まるでオマンコのようだ」「泣き言を言う」「恥ずかしくないのかな?

はぁ?
もう我慢できなくてごめんね。

私は振り向いて一歩前に出て、彼の目の前で10センチほど自分の体をギューッとして、彼を睨みつけて言いました。 何が言いたいんだよ、また言うんだよ!」と言った。

老人は私に少し威嚇されていたが、一生懸命に戻ってきた:私はあなたが女のように見えると言った、恥を知りなさい。

私は何も言うのを待たずに、カウンターの上に置いてあったものを拾い上げ、隣に積まれていた買い物かごに放り込んだ。

彼は叫んだ。

彼は私を止めようとしたが、あえて止めようとしなかったようだ。

私は物を捨て終えて彼に言う:まだオマンコ? 恥ずかしい?

この頃になると、近所の人たちが集まってきて、私たちの喧嘩を見ていました。

私は彼に言いました:猫ちゃんの何が恥ずかしいの? 親に育てられたのか? この辺は女が多いのか? お前を見に来ているのは女ばかりだよ。 見えますか? この歳でそんなこと言って恥ずかしくないの? 犬の腹の中にいる歳なの? 礼儀正しくすることが女々しいとでも思っているのか? ただ恥ずかしいだけ? これ以上そんなことを言ったら、お母さんに鞭打つとでも思っているのか?

老人は私に叱られて固まったが、それでも言った。 “何をしているんだ!

出て行け!

と言った。

老人はカゴをちらりと見て、私を見て、叱り飛ばした。

私は、時代の文脈上、年配の方がルール意識を持っていないことは受け入れることができますし、それは許すことができます。

しかし、あなたの女性蔑視は、それ自体が侮辱的な形容詞である女性の名前を、そんな風に威張って呼ぶのはおろか、どんな理由があっても受け入れられません。

これは………時代のせいでもなんでもいいけど……..お前の鍋のせいでもなんでもいいけど…….耐えられない。

確かに時代の限界があるのはわかるが、それは手に負えないということではない。

諺にもあるように、理解するには「教えられて」いないといけないので、時代はルールを守ることを教えてくれないので、理解できないという言い訳をしても構いません。

しかし、女性や人を尊重することは、理解するために「教えられた」ことではなく、良い人が生まれながらにして持っている美徳であるはずです。

不親切な人を前にして理解することは何もありません。 そして、時代の限界を言い訳して行くな。
時代がこうさせたとしても、同じように猛烈に反対するし、共感もしないし、理解もしないし、この鍋を他の何かにぶつけようともしない。

実は私は完全に軽蔑している行動が多いのです。

例えば、ノーキュー。 行列禁止とまでは言わないが、例え列が曲がって歪んでいても、立ったままの顔をしていないと、非常に不愉快だ。 左右に一人ずつ立っている意味がわからない。 視野が広くなる? 息が荒くなる?

赤信号待ちのようなもの。 赤信号を走っている話をしないでください、あなたは停止し、ラインの前に絞らなければならなかった – あなたの命はどれほど重要なのか、あなたはこの2メートルを戦わなければならない? ケチ? それは下品ですか? あなたの人生が本当にそんなに重要なら、あなたは非自動車で道路を横断している非自動車人として長い間消えているだろう、大丈夫ですか?

例えば、エレベーター/公共交通機関に乗り込んでも、中に入って出入り口に積まなくてもいいし、中は寝転ぶのはおろか、首をかしげるのにも十分空いている。 また、狭い車線を歩いている人の横断歩道があったり、エスカレーターの入り口に立って東西の方向を見ている人がいたりする。 このような人たちは、ルールを知らないわけではなく、「無意識のうちに他人や公の秩序を考えている」ということが全くできていないのです。

何でもかんでも争え、何でも掴め、掴むメリットがあり、理由も知らずに掴むメリットがない。

私にとっては、それはすべてとても卑しく、教養のないものです。

それでも、このすべてのことは多かれ少なかれ理解できるし、耐えられないほどの底辺でもない。

でも、上に挙げたもの、この考え方、潜在意識の女性蔑視が底辺で、それを理解したくないし、我慢もできないのです。

中国人女性は普通に仕事ができると思っている人が多いのですが、明らかな障害があまり見当たらず、「女性は空の半分を持てる」というようなことをよく言っています。

惜しくもありません。

女性に対するステレオタイプなイメージも、伝統的な性的概念に基づく女性の道徳的な束縛や客観化も、家父長制社会の産物である現在の中国社会ではいまだに蔓延している。 この点では、ほとんどの男性の態度はもちろんのこと、女性の態度も同様に深く根付いている。

これには嫌悪感に圧倒されました。

これは女性への抑圧であると同時に、男性への束縛でもある。

私にとっては主義主張の問題であり、少しも譲れないことはありません。

些細なことであっても、女性問題に「過激」なことはないと思います。

中国社会はいまだに家父長的イデオロギーが深刻な社会であり、女性問題はいくら水を注いでも薄められる墨の海のように真っ黒になっている。

II. 映画館について

私は映画が大好きで、映画館に行くことは私の日常生活の中で非常に重要な部分であり、それは私に大きな影響を与えています。

明らかに教養のない大声でしゃべる人は省きますが、多くの人は小声でしゃべるだけでしゃべれると思っているし、あまりしゃべらない人もいて、一文を言うのに3分か4分しかかからないのに、映画の間ずっとしゃべる人もいます。
あなたの隣にいる私の気持ちが分かる? 私は、もう一人のブーツが着地するのを待つ男のように、口論が次の文が着地するのを待っているのです。

このタイミングは本当にいいんだ、次の文が出てこないと思った時に、心を置いた時に、ポンと次の文が出てくるんだ。 いつも我慢の問題として判断している時で、言うことがあまりないので邪魔にならないようにしていると、次の文章が出てくるんです。

ちょうど自分の許容範囲の限界のギリギリのところで動けなくなっているところ。

テレパシーで意思疎通ができると思いますか? 囁けば迷惑をかけないと思いますか? 自分が礼儀正しくて教養があると思うか?

育ち」という言葉を誤解されていないか心配です。

スマホを引っ張り出して明るい光を当てて見るだけの人の話はしません、画面を暗くするだけでずっとスマホを見ていられると思っている人が多いです。

おいおい、ホーム画面に魔法のサバーコスが表示されたり、WeChatで周りの風景をデフォルメしたPの自撮りが表示されたりするんだぞ?

画面を薄暗くすることで光害がなくなるとでも思ってんのか? 他の人の視聴体験を邪魔せずにチームUSAのデカいおっぱいの前でこんなものを持ってぶら下げられるだけでいいのか?

言うまでもなく、携帯電話を取り出して見ている人のうち、少なくとも画面を暗くすることを知っているのは4分の1程度だろう。

遅刻して席を探すために携帯電話の懐中電灯をあからさまに殴っている時点で、私はそれを放置しておきます。 一番異様だったのは、映画館で電話に出る人の多さで、まるで私が緊急事態を抱えているかのように振る舞って、正当に治安に影響を与える可能性があることだった。

それを議論するために、自分のホームシアターに行って、それを傍観し、それは重要である、メッセージを送る、電話をかける、外に出て対処してから来て、それがあなたにとって本当に重要であり、常に注意を払う必要がある場合は、映画に来ないでください。

私は両親が入院している時に映画を見に行ったことがありますが、電話は出てから対応し、万が一のことを考えて端っこの席を選んでいました。

なんて大事なことを教えてくれます。

あと、映画館に子供連れてきて、子供が映画館で騒いだり大声でしゃべったりするのが当たり前だと思ってる人?

自分の子供の口が抑えられないなら映画館に連れて行かないで、どうしてもというなら自分を犠牲にして、子供を連れて行きながら自分を楽しませようなんて考えないでください。

私は子供への同情と理解のために映画を見るためにチケットを買ったのではなく、自分の心の磨かれた意志を行使するための寛容と寛容のための2時間の視聴覚空間にお金を払ったのです。

子供だからといって、公序良俗を無視して他人に迷惑をかけたり、相手の利益を害したりするのが当たり前」なんてことはありえない。

そして、私には全く理解できません。 トランスフォーマー」のように、子供向けの映画だと勘違いしたタイトルもあるだろうし、普段は気にしていないだろうし、わかる。 でも、子供を連れて『ウォーター・シェイプ』を観に行くのはどうなんだろう? スリー・ビルボード』ってどういう意味? この手の映画を誤解させて、幼い子供を連れて行く映画だと思わせてしまっているところはありませんか?

映画館に行く前に基本的なことすら考えず、自分の子供のためとはいえ、映画館の他の観客に与える影響はおろか、それが自分の子供に与えるダメージも気にしていない。

全く理解できません。
映画を見るのは好きだけど、映画を見る前に毎回メンタルヘルスの仕事をしないといけないし、そういう人が現れるのを待って、会話が終わって次の会話を待って、スマホを取り出してWeChatをスワイプするのを待って、話の頻度やスマホを見る頻度、介入が必要かどうかを判断するのを待って、映画を見る前に毎回十分なメンタルヘルスの仕事をしないといけない。

–映画を見た10回のうち、少なくとも6回はそういう人に遭遇したことがあります。 私の人生の中で最大の執着の一つです。

映画を見に行くという言葉の意味を誤解しているのではないでしょうか?