韓国メディアが初公開した「スウォン」の原罪人の外見については?

趙道順の写真の公開は千波万波を巻き起こしたが、これは漢法の特殊な事情と趙道順事件そのものと密接に関係している。

趙斗春がパニックを引き起こしたのは、彼の残酷で悲惨な手法と、人類の底辺に挑戦したからである。 彼の罪深さは、子供の最も純粋な善良さを人類の最大の汚点に変えてしまった。

しかし、刑期はわずか12年で、12年後には再び社会に出てくる。 怖いのは、このことだ。

つまり、チョ・ドスンが出所後に犯罪を犯す確率が非常に高いということだ。 それでは韓国人を安心させることはできない。 残虐な行為はまだ記憶に新しいが、獣は地上に戻ってくるだろう。

この前の返信で

すでに述べたように、韓国人は、チョ・ドゥンスン氏の釈放が間近に迫っていることと、政府の対応策がないことに長い間激怒し、多くの請願書を出してきましたが、役に立たないままでした。 なぜ「希望の殺人犯の登場人物の公開」が広く議論される問題なのかをよりよく理解するために、以下の点を繰り返してみましょう。

韓国国民のチョ・ドゥンスンに対する憎悪と、チョ・ドゥンスンが刑務所から出所しようとしていることに対する恐怖と憤りは、2017年には早くも「チョ・ドゥンスンの出所に反対する」という請願を開始し、2017年9月6日には請願者数が61万5000人に達し、2018年10月には別の請願を開始し、10月20日には26万人に達しているように、当然ながら私たちの手の届かないところにあります。

2018.12.2時点で、青瓦台のウェブサイトに掲載された趙斗春に関する請願書の投稿は6,285件で、前週に比べて63件増加している。 請願の多くは「出所反対」「公然性」「化学的去勢」など。 その中でも、2017年9月6日に発行された「チョ・ドゥチョンの出所反対」に関する請願書は61万5000件、2018年10月20日に発行された請願書は26万1481件となっている。 ネチズンたちは「10年が経過し、被害者はすでに18歳になっている」「加害者が反省することなく刑務所で10年を過ごす中、被害者が10年間でどれだけの恐怖と苦痛に耐えてきたのか」「被害者のためにできることはこれだけだ」などのメッセージを残している。 “趙斗順が出所しないようにすることは、当時の被害者を守るためだけでなく、より多くの女性のためにもなる」、「裁判所は再審して趙斗順に無期懲役の判決を下し、このような『動物』が社会に害を与えるために出てくることを禁止すべきだ」などと述べた。

12月6日、清和台市民問題首席秘書官チョ・コク氏は国民請願に対して、「(チョ・ドゥンスン事件の)再審は韓国の現行法では行われない」と回答した。 つまり、チョ・ドゥンスンの出所禁止や刑期延長は不可能だ。 チョ・ドゥンスンの再犯を防ぐための唯一の強制措置は、出所後7年間、所在を示す電子足輪を装着させ、5年間は個人情報を公開することであるが、これは韓国の現行法では不可能である。 清和大氏によると、状況によっては趙斗春氏が電子アンクレットを装着できる期間が長くなる可能性があるという。 同時に、部外者が犯罪者が身につける電子アンクレットや公的身分証明書の有効性について、深刻な疑念が浮上している。 データによると、過去5年間で電子アンクレットを装着した性犯罪者が再び性犯罪を犯した件数は271件、年平均56件で、その傾向は年々増加しているという。

趙斗春法は、趙が刑務所から出られなくなることを防いだわけではない。 代わりに “趙斗春の居住地を制限し、保護観察員による1対1の観察に割り当て” 実際には、刑務所ではないが軟禁であるが、彼の移動の自由を制限して犯罪を犯す可能性を排除することも十分に可能である。 趙氏が刑務所から出られないようにするための二の舞だったとも言える。

2019年4月16日、趙斗順法が正式に施行され、韓国では再び法治国家の確立を国民が後押しし、この日から未成年者を性的虐待した犯罪者や趙斗順自身に対して、出所後に1対1で監視する措置がとられるようになった】。

2010年に改正された特定凶悪犯罪処罰特別法では、再犯者の身分を公開することができるようになった。 しかし、チョ・ドゥンスン事件が起きたのは2008年のことだったため、チョ・ドゥンスンの顔は新聞やテレビ番組への出演が禁止された。 チョ・ドゥンスンの出所後5年間、市民は専用アプリ「性犯罪者通知-e」を通じて性犯罪者の個人情報を閲覧することができるが、スクリーンショットや共有は禁止されており、5年以下の懲役または5,000万ウォン以下の罰金に処せられる。

(ここで注意。
そして、映画「希望」に出てくる犯人はこんな感じです。

希望」の原作の事件を追っていた時には、きっと悪魔に近い凶悪で悪質なこの男を想像していたに違いありません。 しかし、現実はどうだろうか。 映画に出てくる犯罪者よりもずっとおとなしくて優しいし、見た目は人間的で無害だし、普通の通行人Aよりも普通だし、放り込まれてもしゃがみもしない。

しかし、8歳の少女を切り刻むという凶悪な犯罪を犯したのは、実は同じ男だったのです。

今では、彼の残忍な姿を想像する私たちよりも、この表情と善良さの真実の方が不穏なものになってしまっているようです

そして、その写真を公開することさえできないのであれば、文明の弱さと法の支配は、まさにその道を歩むことになるだろう。