なぜカシオポセイドンを高級時計と言う人がいるのでしょうか?

ネプチューンシリーズは、もう一つの日本の高級ブランドであるグランドセイコーや独自のGショック、シ-ン、ホワイトカラースタイルとは異なり、高級ビジネス、精密計時などのスイスの高級ブランドが競合他社との差別化を図るために、主に非機械式の時計を採用しています。

時計の内部は原子時計と小さな電波受信システムで構成されて、国家計時センター(河南省上丘市の中国局)から送られて、時計内部の電波受信システムで受信した電波の最も正確な時刻を送信して、内部システムで処理して時刻を表示した後、電波30万年の誤差は1秒を超えない。

アナログ時計の精度と美しさを追求してきたパイオニアが「21世紀のアナログ時計」を求めている。

スポークスマンは渡辺正氏。

使用方法:https://shop.r10s.jp/iget/cabinet/casio/04052418/img62571413.jpg

http://horology.world/reviews/watches/casio-oceanus-ocw-t200s-review-r9/

標準電波受信

1000と1400の違いはどちらも世代が離れていて、400はマイナーチェンジ。 というのが大体のところです。 一言で言えば、大した違いはない、知っていても知らなくてもいい、好きなものを買えばいい。

実売価格には多少の値引きがあります。

もう少し写真を見てみましょう(すべてウェブからの引用です

江戸七光は、1834年(文政9年)に江戸の大妻町(現在の東京)でガラス屋を営んでいた加賀屋九兵衛によって創業されました。 大坂でガラス製造技術を学んだ加賀屋九兵衛は、江戸に戻り、眼鏡や温度計などを製造するガラス屋を始めました。

明治初期の1876年には、西洋産業に追いつくために思潮政策を採用し、品川硝子工場を開設しました。

明治時代には日本で最初の近代ガラスが生産され、1881年(明治14年)には最先端の技術を持つイギリス人技師イマニュエル・ホップマンが雇われ、弟子に技術を伝授しました。

これ以降、江戸時代から存在していた江戸流のシュレッダーと、近代産業の最先端技術が融合し、独特の味わいのある江戸シュレッダーが誕生しました。