カシオの高級腕時計が全針なのはなぜ?

理由1、ポインターは一般的な傾向で、素人目には「フルナンバー」というと「ハイエンド」を連想しにくい。 だからカシオのハイエンドシリーズと主流のシリーズは、MRGのような徐々にポインターであり、MTGは最古のデジタル表示モデルを持って、登山の旗艦PRXシリーズはまた、最古のフルデジタル表示を持って、その後、いずれかのフルポインター、またはポインター+液晶ハイブリッドになります。 カシオのフラッグシップのFrogmanシリーズでさえ、ポインターモデルを出す準備ができています。 チタンキューブのような高級時計だけが純粋なデジタル表示にこだわるのではないかと心配しています。

理由2、針は確かにデジタル表示よりもはるかに技術的で、文字盤の職人技が反映されています。 特に、ポセイドンMANTAやMRG、MTGのように複数の文字盤やモーターを搭載した高級針の場合、針の一つ一つを磨き上げ、文字盤を洗練させたり、6モータームーブメントのレイアウトを工夫したりしなければなりません。 技術的な内容やコストは、STNの液晶を直接入れるよりも、はるかに、はるかに、高いです。

カシオのピュアデジタルディスプレイは、現在、トップエンドに3つあると思います。

1つはチタンキューブで素材を通してハイエンドを体現しています。 ケース、裏蓋、ブレスレット、鍵、ネジ、全てチタン、フルDLCコーティングとサファイアガラス、電波、光電、Bluetooth。

1つはフロッグマン6、カーボンファイバーストラップ、厚めのサファイアガラス、DLCバックカバー、水深計付きトリプルセンサー、さらに電気波と光運動エネルギーを搭載しており、これもさすがです。

1つはCatman 2、カシオのようにほぼ全ての機能を搭載した奇抜な半インテリジェントシステム+大型インクスクリーン、カーボンファイバーストラップ、サファイアガラス、GPS+Bluetooth+光エネルギー+トリプルセンシング。

あと5年後にはカシオのラインナップにフルデジタルのフラッグシップが出てくるのかな?