カシオ ポセイドンコレクション買取アドバイス?

シックスシフト、この夏ポセイドンが新製品で帰ってきた。

S5000シリーズ、発売日は6月のはず。

外観はS4000とあまり変わらない、セールスポイントは軽くて薄い、そう、S4000よりも薄い…。

写真は載せたくないので、カシオジャパンの公式サイトに行けばいいんですが、タオバオにはたぶん購入のためのリンクがあると思います……。 また、どんな感じなのか見てみましょう……。

便宜上、ダウンロードリンクを貼っておきますね。

4交代で、時計が届きました。 いい顔をしていますね。 たくさんの人が文字盤を見ているのを見て、大きいと思います。 私は大丈夫かな? ストラップを何本も、4本、5本、6本と分解している時計屋さんをたくさん見てきましたが・・・。 2段分解しようと思っていたのですが、ストラップの取り外しの腕前を見るために、1段分解してみたら、ちょうどいい大きさになっていました…とお伝えします。

3交代で。 何人かの友人に個人的に聞かれたことを踏まえて、ここで一斉に回答しておきましょう。

私の個人的な理解では、ポセイドンシリーズは主にSシリーズ、Tシリーズ、Gシリーズ、Pシリーズとなっています。 ポセイドンの開発経緯については、SMZDMに行けば大神コピペがあるので騒がない。

現在のラインナップについては、個人的にはSシリーズをベンチマークにしています。 現行のS4000はSシリーズの最上位機種、G2000はGシリーズの最上位機種。 違いは、GにはSの上にGPS信号を受信するための自動時刻調整機能が追加されている点で、特に移動が多い人に向いていると思います。

S3000は先代の最上位モデルで、S4000よりもBluetoothのペアリング機能が少なくなっています。 そして、S3000の上にGPS信号が追加され、現行のG1200、S3000の上に方位測定が追加され、現行のP1000となっています。 Pシリーズがずっと更新されていないのはおかしいですが、それでも前の世代です)。

S3400は、S3000に歯磨き粉をしぼった、いわゆるパッチアップデートです。 簡単に言うと、3400のストップウォッチ機能は3000からの変更点がない以外は4000と同じです。

Tシリーズに関しては。 現在T2600、T2610、T3000がありますが、要するにT2600はS3000に対応し、T3000はS4000に対応しており、1セントごとに同じ動きをしています。 公平に言ってしまえば、Sの方がTよりも薄くて軽く、あとはケース素材の違いや、文字盤ベゼルの違いもありますが、外見でわかる素材の違いがあるということだけは理解しておいてください。 だからこそ、多くの時計メーカーがT2600を推奨しているのです。 T2610に関しては、T2600は外観や素材が変わっただけです。

まとめると、価格性能比を第一に考えればTシリーズで十分だと思います。

個人的には、予算的には、ポセイドンを買うのは、機能よりも価値を重視しているように感じます。 もちろん、特に山形工場のパイオニアラインにこだわる人にとっては、開運ラインに求める条件はありません。

セカンドシフト。 つれづれの機能については、この画像をご覧ください。 元の画像が長すぎる、スクリーンショットアウトのこの作品の機能には、我々は日本の公式サイトに行くと、PDFの製品説明の完全な範囲をダウンロードするには、この図を保持して、スタイルの独自のファンシーな外観を見ることができます機能を持っています。

あなたがあなたの決定をしたときに行ったプレイブックの一部を更新します。

以上、ポセイドンシリーズの「葵のリノベーション」でしたが、主にベゼルを中心とした顔のことだと思います。 以下は、上記で紹介したベゼルの両利きについての個人的な訳とまとめです。

他の質問には自分の回答をコピペしてください。
2019年3月19日現在、ポセイドンは2019年モデルとして、ブルーグリーンサファイアベゼルを採用した「G2000J-1AJF」と「T3000-2AJF」の2モデルを発売しています。

まず、現在発売中のポセイドンの全モデルとパラメータは、カシオジャパンのサイトからダウンロードできる。 あなたが必要な場合は私にプライベートメッセージ、私は私の手に2018年12月へのアップデートを持っていて、自分で一部翻訳を行っています。

次に、私の考えでは、T2600シリーズは、それだけで最高の価値があります。 機能や価格の面ではPシリーズが一番お買い得だと思いますが、新モデルが出てから時間が経ちました。

3つ目は、超薄型にするならSシリーズを選びましょう。 Gシリーズに関しては、個人の好みによる。 純粋にハンズオンで遊びたい、シルバーにあまりお金をかけたくないという方はCLASSICを選びましょう。

四つ目は、個人の姿勢。 ポセイドン、プリファードリミテッドエディションを購入。 G2000Cは発売当初の価格よりも高くなってしまいました。 こちらはまだ世界限定1500台。

ついに出番が増えました。 G2000Jはポセイドンに手渡された世界限定500台、現在在庫あり。