プロ仕様の機械式時計は毎日エラーが出るのが普通なのでしょうか?

まず、本題に答えましょう:プロの機械式時計は毎日不正確なのは当たり前で、常に分と秒が完璧な機械式時計など存在しないからです。 結局のところ、機械式時計は、毎日、温度と磁場の影響に加えて、合計86,400秒のために一日24時間、誤差のようなダース秒の存在は、本当に普通のことですお互いにこすり合わせて駆動する機械的な部品で構成されています。

しかし、「歩かない」という概念がある以上、歩くことが正常かどうかを判断するためには誤差の基準があるはずです。 この基準は国や地域によって異なります。 一般的には、機械式時計であれば、1日に30秒以上遅れることなく、1日に30秒以上速くなるような時間であれば、この基準を満たすことができるとされています。

この基準は一見すると驚きですが、機械式時計が禁止されているのに、どうしてこんなに甘いのでしょうか? と思われるかもしれませんが、平均的な時計の持ち主であれば1日の差が十数秒あれば十分すぎるほどで、1週間であれば1分程度のずれで済むことになります。 また、多くの人が通勤時にしか身に着けていない、月曜日の朝は原則として、あなたはまだ時計を巻き上げるために携帯電話に応じて時間を調整する必要がありますが、この誤差の1分はまた調整されています。 絶対的な精度を求めるのであれば、リアルタイムで信号を受信する電波式のメーターを購入し、30万年に1秒以上の誤差もないが、機械式のメーターよりはまだ少し意味が少ないので、私はそれには入りません。

もちろん、高級時計ブランドの方がはるかに厳しい要求をしていて、ほとんどのブランドがスイス公式天文台の基準を選択していて、精度のためには毎日の誤差が-4~+6秒であることが要求されています。 また近年では、業界のベンチマークである15,000ガウスの磁場下での1日の誤差が0~+5秒であることを要求する「ベストクロノメーター認定」という、より厳しい基準も採用されています。

では、機械式時計の精度に影響を与えるものは何でしょうか? この疑問は、ムーブメントの内部構造と時計の外部環境の両方の観点から簡単に説明することができます。

どのような複雑機構であっても、機械式ムーブメントである限り、ムーブメントの構造を簡単に考えると、脱進機の調整機構と指針機構の3つの主要部分、つまり人間で言えば、香箱がエネルギーを放出し、脱進機がエネルギーを細かく分割し、ヒゲゼンマイの振動に合わせてリズミカルに針に放出し、最後に文字盤上に時刻を表示するというものです。

ちょうど放たれたばかりの風船のように、最初はいつも速く飛んで、終わりそうになるとしおれてしまうように、香箱は満タンになった時には少し力が入っているに違いありません。 だから、バレルは本来、7/8ユウ・ロングパワーの動きでは特にエラーが出やすい強力なシステムなのです。 だからこそ、ロングパワーのムーブメントには、さらにコンスタントな出力システムが搭載されているのです。

脱進機はムーブメントの魂です。 エネルギーをいかにうまく受け止め、放出するかが、ムーブメントの精度に直接影響を与えます。 テザーはヘアスプリングにエネルギーを伝達し、スプリングをスプリングのように締めたり緩めたりし、締めたり緩めたりの間にエネルギーを細かく刻み、2つ(または3つ)の爪を持つ脱進機フォークに伝達します。

このムーブメントの概念を持っていない方も多いと思いますが、ゆったりとしたペースで動いているように感じます。 しかし、ほとんどの機械式時計のテンプは毎時28,800回転、1秒間に8回振動しますが、高級ブランドの中には毎時36,000回転、1秒間に10回という驚異的な振動をするムーブメントを搭載しているものもあります。 ご想像の通り、脱進機は毎秒超高速で作動しており、中間部の摩擦と衝撃による損失を無視することはできず(そのため脱進機の爪は耐摩耗性のある合成ルビーで作られています)、ヒゲゼンマイの位置、温度、力のわずかな変化が移動時間の精度に影響を与えます。

1999年、オメガは従来のレバー脱進機から脱却し、時計業界では250年ぶりとなる革命的な同軸脱進機を発表しました。 同軸脱進機は、ムーブメント内部の摩擦を低減し、機械的効率を高めることで、長期間にわたる精度を保証し、時計のアフターサービスの寿命を延ばしました。 この技術により、時計の耐久性と精度が大幅に向上しました。

磁場は最も影響力のある要因であり、それが磁気であれば、毛バネは直接変形し、コレクションと再生は当然のことながら影響を受けます。 重度の場合には、磁場は、ヘアスプリングが固着し、移動時間の失速を引き起こす可能性があります。 そこに