ロマンティック前のセックスについて考えることは?

結婚前のセックスについては、最初の10年ほどは賛否両論が広がっていましたが、近年では特に最近した若い大人の間でも意見が分かれ、相互に尊重されるようになってきました。 そのため、婚前セックスについての議論が叫ばれています。 結婚前のお試し恋愛」と同じように、「恋愛前のお試し恋愛」の必要性があるのか、それとも違うのか。 恋愛や貞操観念などが知識や圧倒的な確率で放棄されていく時代を背景に、若年層にも浸透してきた婚前セックスに続き、今後は婚前セックスも容認されるようになるのだろうか。 それは、特に今の時代の中国社会では、中国の性開放の潮目とともに、セクシュアリティの対立と解放がやってくるということなのだろうか。 中国人は、いくら創造的で自由奔放な愛であっても達成できないことを達成するために、一部の人々が選択した性を基盤とした関係形態のために、本来の家族から性と愛、欲望と愛情を完全に剥奪し、結婚と子供を選択したということなのだろうか。 それは、欧米先進国におけるパートナー関係の導入への前哨戦なのだろうか。 中国に代表される人類の文明は進歩しているのか、それとも後退しているのか。