天佑以外の記事で代理出産に複数言及していることや、この件で彼を攻撃している人が多いことをどう考えるか。

前提条件:あなたと私は、国内の代理出産は違法であり、他国の国内法に干渉することなく、断固として反対する必要があることに同意しています。

以下は全て個人的な見識であり、合理的で優しい意見交換を歓迎します。 攻撃的な方は引き下がることができます、ツイッターで多くの方にお会いしましたが、少し疲れています。

彼の攻撃者の推論は次のとおりです:著者はサロガシーを書いた=著者はサロガシーを支持している。 そして:主人公が代理出産を書いた=作者が代理出産を支持している。

この三つがどう関係しているのか、私にはわかりません。

簡単な例を挙げてみましょう(すべて偽りであり、角括弧内の言葉はどれも真実ではありません)。

記事を書きます。 主人公は二人の娼婦。 二人は恋をしている。 一つは、未成年者が強制的に売られていること。 二人は約束をしてお金を貯め、新しい生活を始めるためにその場を逃げ出した。 ある日、お金が貯まって未成年がいなくなってしまうことが判明する。 年長者は彼女のために周りを見回したが、彼女を見つけることができず、悔しさのあまり自殺した。 やがて読者は、未成年の方がもう一人を見捨てて、金持ちの男の後を追ってオマンコに行っただけだったことを、神の目線で知ることになります。

これは私の夢であり、実話として書いているので、フォロースルーして完全に記録しておきます。 せいぜい、主人公のペルソナ改変に合わせて彼女のセリフを足しただけ。 未成年のバッドエンドをアレンジしない(見捨てられたり、出て行って後悔するとか 記事内で政府の法律をバッシングしない、記事内で善悪を批判しない 違法で犯罪的なものを具体的に書いて記事を終わらせない

このような記事は、誰が見てもわかるように雑誌に掲載されたものであり、著者自身-私は【LES】です。

これは、未成年者の販売を支持していることや、浮浪者であることを支持していること、悪い意見を持っていることにカウントされるのでしょうか?

明らかにカウントされない。

私は、天下以外の小説を本にリアルに見ています。 私の理解では、本の主人公に向かってリアルに書いて、彼は三流である必要はありません。 彼は傭兵になっても賢くなってもいいし、いじめっ子になっても強欲になってもいいし、悪事を働いた人を殺したり、火をつけたりすることもできる。 なぜなら、彼がこれ以上天の邪鬼なことをしても、私の第三の意見には何の影響もないことを知っているからです。

小説の登場人物の行動に影響されやすい人は、児童書や政治の教科書を読むといいと思います。

(ここでは、『プレザント・ゴートと灰色の狼』の煮えたぎる羊のエピソードのパロディで、子供が男を料理したことがあるなど、親が子供の行動に影響を与えるシーンがあると考えているというまさに理由で、我が国では漫画が禁止されていることについて触れています。 とはいえ、この手のリアルな話を読むのは7歳や8歳ではないでしょうか? (大多数は大人だし、それでも小説の筋書きに惑わされる可能性はあるのかな?)

本というのは、それを伏せるのが作者の仕事であり、それをどう解釈するかは読者の仕事です。 赤いマンションの夢』のように、誰もが異なる年齢、異なる状況で読み、異なるものを見ている。

なぜ誰かが「著者は代理出産賛成派」と解釈して、全く立場を取っていない著者にそのレッテルを貼らなければならないのでしょうか?

ところで、著者の主張にも問題があります。

著者は書いているのであって、SFではない、ましてやSFに義務があるわけではない、読者は自分で調べるべきだ、なぜ人を殺す人間のことを書いて、それでも人を殺すことに反対だと公言しなければならないのか?

この時点での作者の声は誰もが求めるものだ。 しかし、それは彼がしなければならないことではなかった。 彼には黙秘する権利がある。

正面からの発言と道徳的な拉致との違いは何か?

その後、誰かが自分の本の意味を勘違いして、著者は「本当は○○○のことを言っていた」と名乗り出なければならなかったのだろうか?
馬鹿げている

—-追記…

この件について微博で人々と話していると、フェミニストを自称する一部の「過激派」たちが、言葉の内外を問わず、ゲイや中国人男性をターゲットにしていた。

彼らのアプローチは、まず非天王をゲイ、男性としてレッテルを貼り、その延長線上で、特定の人々の行動をゲイ、中国人男性のグループ全体に押し付けようとするものだ。

フェミニストは、性差別、性的搾取、性差別、性的抑圧を終わらせることを目指している。 つまり、男女の真の平等を実現することです。

しかし、微博で最初に非天下をバッシングし始めたフェミニストは、最近の彼女のツイートをよく見てみると、男性を嫌う傾向があることがわかりました。

ただの辛口コメントだと思っていても、それが男性権力者の「女は総じて醜い」というツイートに変わった場合を想像してみてください。

私が高校生の頃、クラスの数人の男子がこんな感じで、女子の前で「ウエストが細い」「足が太い」「今のままの彼女が好きなんだな」とか言っていて、クラス全員が自分の容姿について話しているのが聞こえてきました。 当時は、そういう人たちが女性に失礼だと思わずに、ただただ不適格で迷惑だと思っていただけで、そうでなければ大々的に叱られていたのが残念です。

で、ここで。

100人中99人のゲイが代理出産のようなビッグデータをどこから支持しているのかわからない。

記載されている数字は中国だけでなく、代理出産が合法化されているロシアや、一部の州で合法化されているアメリカの数字です。

他国の法律に干渉する権利はありません。 中国が家族計画を実施したときに、アメリカの人権団体が立ち上がって人権侵害だと言う権利がなかったのと同じです。

国の事情の違いによる比較可能性は?

そして皆、ウンファの言葉をよく見てください。

名前を呼ぶのは間違っていない」とはどういうことか。 汚名を着せられたくないなら、私が九死に一生を得た代理だと叫ぶべきだ」とはどういうことだ?

一般化しようとしてるの? またヘアプレス?

お前らがまだこれがGAYや男性に対する差別だと思わないのなら、俺の言葉を読み続ける必要はない。

これは一人の男のウンヘの記述です。

男嫌いのフェミニストである彼女の行動をどう評価したらいいのかわからない。

当初から「万人平等」の前提を間接的に否定し、女性の権利だけを口にして悪意を持っている。
これが本当のフェミニズムなのか?

いや、ただの男嫌いと女嫌いを偽装して、男嫌いを隠しているだけだと思います。

と言っているようなものである。

これをフェミニズムと呼ぶのか? これを万人平等と呼ぶのか?

女叩きと呼ばれています。 党派的シンパシーと呼ばれています。

彼らの行動は、真のフェミニストに恥をもたらすだけだ。