疑似女子がお手洗いに行くという行為をどうするべきか。

答え自体はサスペンス的なものではないし、疑似男は確かに女子トイレには行かない方がいい。

なぜなら、疑似男の性同一性は男性だからです。 だから女子トイレではなく男子トイレにしか行けない。

トランスジェンダーのMtFは自分のことを似非キモオタとは呼ばないし、TSも似非キモオタとは呼ばないし、糖質制限のある人は似非キモオタと呼ばれたくないことが多い。

しかし、実際に物議を醸しているのは、トイレでの女性に対する性的暴力の恐れを挙げて、女性の女性のトイレへのアクセスに反対する多くの人々の推論です。

それは本当に、実際には、最も非論理的な理由です。

男が本当に女子トイレに行って暴力を振るうことを望んでいるなら、男が女装していようが男装していようが、何の違いがあるのでしょうか?

皆さん、女子トイレにいる凶悪犯の中に、女装した男がどれだけいるか気になりますか?

皆さん、公共の場でトイレを共有している男女が実際にたくさんいることを知らないのですか? キュービクルばかりで小便器はない)。 こういった公共の場で男女がトイレを共有しているからといって、バラバラのトイレよりも犯罪率が高いわけではありません。

意図的に性犯罪を犯す者にとっては、男性であろうと女性であろうと、男性の服装であろうと女性の服装であろうと、心理的に男性であるか女性であるかを識別しようと、実際にはトイレの区画に隠れていて、突然出てきて犯罪を犯すことができるのです。 この犯罪は実はビッグ・ガールとは直接関係ない。

しかし、犯罪の問題(女性が着ていようが男性が着ていようが、この種の犯罪を止めることはできません)ではなく、単に男性が女子トイレに行くべきではないという理由からです。

最後に、現実的な観点から言えば、疑似女性と見られるのであれば、女子トイレに行くべきではないということになります。 逆に言えば、この議論は無意味です。