KTVで一番嫌いな行動は?

すべての権利を保有しています。

営利目的の複製のためには著者に連絡して許可を得てください、非営利目的の複製のためには出所を示してください。

執筆者:河南振玉法律事務所

リンク:https://m.sohu.com/a/117488142_487037

出典:そうふ

ということで、まだ記憶に新しいうちに書いておきます。 “飲み物やおつまみは持ち込まないでください “この告知の趣旨は、必要な時に店の外にあるN倍の値段の飲み物やおつまみだけを強制的に消費させようというものです。

2.5階のカラオケ店でコーラを10円で。

普通のドリンクでも良いのですが、飲みたいときは

有名なワインクラブは外より数百円高い。

全て本物のワインだという保証はありません。

(上の料金表は数年前のものらしいので、私が行ったことのあるKTVのほとんどはこれよりも高い)

その理由の一つに「値段が高い」というのがありますが、提供されるドリンクの種類は比較的均質で、基本的には飲む人がいません。

“自分の飲み物を持ってくるな “というのは、KTVでは当たり前の営業ルールです。

そうではありませんよね。

このように、商工や物価などの行政機関による市場の価格秩序の実効的なコントロールが必要かつ急務となります。

正直、月平均1.2W~5Wを稼ぎながらも、KTVにいつもたむろしている一般市民としては

いまだにKTVのドリンクが買えない。

本当に一人当たりの購買力を甘く見ていたのかもしれない。

もしくは平均年収数百万の大物とか。

俺たち庶民の痛みが理解できるのかな?
他の返信は @UncleSue さんへの返信です。