DWの時計と同じくらいのスタイルなのに安い時計って何かありますか?

美しい時計、つまりデザインで人気のある時計は短命であることが多く、継続的なラインナップを持つことが難しいのです。 もちろん、ノモスは非常に高価なのでここでは触れません。 DWの1000ドルの価格は独特のと言うことができます、DWの人気は様々な要因の結果で、成功の下で様々なマーケティング方法、DWの腐った通りに精緻なことはありません。 それ以上のことを言わずに、本題に入りましょう。 以下のおすすめ銘柄をご紹介します。 MVMT|アメリカ、NEZUMI|スウェーデン、KOMONO|ベルギー、BRAUN|ドイツ、WITHINGS|フランス、BERING|デンマーク、STOCKWATCHS|オーストラリア、TISSOT|スイス、SEIKO|セイコー。

MVMT|アメリカ

まず最初におすすめしたいのは、インスタグラムでも紹介されているこのMVMTという腕時計です。 JakeKassan(ジェイクカッサン)とKramerLaPlante(クレーマーラプランテ)という時計好きの若者2人によってアメリカのロサンゼルスで設立されたブランドなんです。 現在国内で販売されているかどうかはわかりませんが、上記。

NEZUMI|スウェーデン

文字盤はチューダーのクロノグラフをコピーしたような感じがしますが、長い間見ていると、中国では手に入らないような気がしますし、両目で見ても良いヴィンテージウォッチだと思います。 上の写真。

KOMONO|ベルギー

2009年にベルギーで設立されたKOMONOは、レトロとアバンギャルドの境界線を曖昧にし、日本語のジェンダーの壁を打ち破るアクセサリーブランドです。 腕時計はシンプルで見やすい文字盤がデザインされ、ストラップに沿って動きます。 正式な価格帯は90ユーロから220ユーロです。

BRAUN|ドイツ

前述したように、ノモスは真髄のミニマルウォッチであり、もしあなたに余裕がないなら、あるいはユンハンスのユンハンスでさえ、1971年に初のウォッチコレクションを発表したブラウンのウォッチをチェックしてみてください。”LessisMore “というデザイン哲学と精密工学への愛を示すディーターラムスがデザインした高品質なコレクションです。 ディテールに特別な注意を払うことで、革新性と耐久性が強調され、すっきりとした鮮明なラインと機能で、時計の文字盤が常にクリアで読みやすいようになっています。 40年以上にわたり、ブラウンの時計はクリーンなデザインと高い精度を維持することで知られています。 革新性、品質、実用性、美しさ、シンプルさ、ディテール、クラシックさ、環境保護というブラウンデザインの哲学は、他に類を見ないものとなっています。

公式サイトの価格帯は数十ユーロから数百ユーロとなっています。 上の写真。

WITHINGS|フランス

これが唯一のおすすめスマートウォッチ inside.Withingsは今では完全にNokia.Withingsに買収されたフランスのスマートハードウェアブランドで、主な製品はACTIVITEスマートウォッチ、HOMEカメラ、SCALES体脂肪、BABY体脂肪、Pulse0xスポーツブレスレットなどがあります。 1000円以下で彼のスターターモデルが買えますが、プラスチックは少し本格的で、上の写真のような感じです(下の写真は少し高価です)。

BERING|デンマルク

ベーリングは、「北欧デザインの古典的な代表」と評されるデンマークの時計・ジュエリーブランドです。 北極圏のフラットなフォルム、すっきりとしたライン、そして端正なエレガンスがベーリングのデザインの原点となっています。 上の写真。

ストックウォッチ|オーストラリア

メルボルンの時計ブランドで、文字盤のデザインはシンプルで滑らか、シンプルなロゴでもスケールに融合しており、創業者のデビッド・タタンジェロは時計好きで、S001、S002、S003、S004の4シリーズを行っていますが、不変なのは、その文字盤が非常にシンプルな「丸」を起点に、複雑な装飾のヒントなしに、強いセックスのクールな風を感じさせないということです。

TISSOT|スイス

ティソはもうあまり紹介しないブランドです。 数千円程度のもの。

SEIKO|セイコー

セイコーが1000ドルで買える数少ない機械式時計であることは間違いないので、このセイコーというブランドを紹介するまでもありません。 機械式時計とセイコーのライトエナジーの価格は1000ドル前後で、ライトエナジーは1000ドル以内です。
これを先に入れて、時間があるときにもっと入れよう。

著者について #著者について オランダ・アイントホーフェン工科大学工業デザイン学科博士号取得 / 公開. “インダストリアルデザイン 李 昆” / コラム. “インダストリアルデザイン”